新選組&幕末 ばんざい!!

新選組を中心に歴史の舞台を巡ります

Entries

近藤勇の墓-龍源寺

函館や会津周辺を廻ってきましたが、新選組でいえば「土方歳三」が中心の史跡でした。
近藤勇や沖田総司、また他の新選組隊士に近い史跡も巡りたいと思います。

東京都三鷹市にある龍源寺(東京都三鷹市大沢6丁目3-11)です。
新選組局長近藤勇のお墓があります。
会津でも、土方歳三が建てたといわれる、近藤勇のお墓をみましたが、この龍源寺のお墓が一番感慨深かったです。
故郷の菩提寺に、親族と眠っているからでしょうか?
それとも、首の無い遺体を埋めたと伝わっているからでしょうか?
近藤さんが一番近くにいる感じがしました。

どうやって龍源寺に行ったのか…、実は分からないのです。
私は関西在住で、吉祥寺に泊まっていました。
東京在住の新選組仲間の友人が、バスで連れて行ってくれたので、気付いたらもう龍源寺でした。

朝9時前から動いていたので、着いた時はまだ人は誰もいませんでした。
静かな場所に、龍源寺がありました。

ryugenji2524.jpg
今度勇の生家の宮川家の菩提寺です。
生家は調布市で、200mほどしか離れていません。
境内は幼少の頃は遊び場だったそうです。
寺は昭和59年に改築されていますが、本堂裏には天然理心流五代目近藤勇五郎(勇の甥で勇の娘瓊子の夫)などの墓があります。
慶応4年4月25日、勇が板橋で処刑され、そこに埋められた首のない遺体を勇五郎や長兄音五郎らが掘り出し、約20㎞の道のりを運んで埋葬した場所です。
勇とつね夫人の写真や鍛錬に使った木刀、勇の羽織袴、当時の金銀出納帳などが保存されています。
新選組大事典より

龍源寺1081  龍源寺2082
龍源寺5085  龍源寺3083


ryugenji3525.jpg  龍源寺4084
お寺の境内にある、近藤勇の銅像です。後ろ姿も凛々しい?

ryugenji4526.jpg  ryugenji6528.jpg
近藤勇の墓石


ryugenji5527.jpg
向かって左が近藤勇五郎の墓。その隣(真ん中)が近藤勇の墓。

近藤勇五郎086
近藤勇五郎の墓石

  • [No Tag]

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。

トラックバック

トラックバックURL
http://miburou.blog103.fc2.com/tb.php/96-24c47e0d

左サイドメニュー

My bookshelf

kamaboko

Author:kamaboko
新選組と幕末だらけの本棚
実は二重になっているので、
後ろにも本棚が…。

Basic Calendar

<05 | 2018/06 | 07>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー

Useful information

Let's go for a trip

国内最大級の旅行予約サイト【楽天トラベル】                               旅行の大バーゲン!格安旅行満載の阪急交通社                          オンライン予約・決済可能な日本旅行「赤い風船」国内宿泊                             スーツケースレンタル・トラベルグッズなら【アイレンタル】

Google Search

カスタム検索

Comrade

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ ブログランキング・にほんブログ村へ

ブロとも申請フォーム