永澤寺

2009年10月25日
永澤寺(兵庫県三田市永沢寺210)の芝桜です。
永沢寺1348  永沢寺2349
通幻禅師が禅道場として開創しました。

約5000㎡の畑に1億輪の芝桜の大群落がみられます。
北海道以外では唯一の芝桜専門園。
地面を全く見せないほど咲き詰めることから「花のじゅうたん」と名付けられています。

【情報】
現在寺の門前に造られている永沢寺花菖蒲園は、正確には境内ではありませんが、花菖蒲園のすぐ向こうには、山門と本堂の屋根が見えます。
品種と株の多さでは西日本随一の規模を誇っています。
じゃらんHPより


JR福知山線三田駅から母子・乙原バレイ行きバスに乗ります。
車だと神戸三田ICが近いようです。
JR三田駅から約17㎞もあるので、車でも1時間弱掛かります。
歩いては…無理でしょう。
確かに遠かったです。

では問題です。
“永澤寺”は何と読むでしょう。

答え↓
“ようたくじ”と読みます。

ついでにもう一問。
JR福知山線の“三田駅”は何駅と読むでしょう。
“みた”ではありません。
答えは↓
“さんだ”と読みます。

三田は別として、“ようたくじ”は普通読めないですよね?
地名って本当に読めません。

芝桜は本当に凄いです!!
一面、花、花、花………。
芝桜は近づきすぎずに、少し離れて見るのがいいようです。
近くで見てもかわいいのですが、終わりかけの花や終わった花なども目に入り、それが気になってしまいますね。
1億輪というのは、いったい誰が数えたのか、それも気になります(笑)

さすがにこの風景を見た事がある、幕末維新の人はいないでしょう。
花が似合う人…意外と土方さん? に見てもらって、一句詠んでもらいたいですね。
いったいどんな句を詠んだでしょう。
綺麗でもすぐに枯れてしまう、というような内容だったりしますか?



特選すき焼き三田牛 A 【 グルメ甲子園 京都 】


フラセラ 1週間のトライアル新発売
関連記事
Comment

管理者のみに表示