鷲羽山からの瀬戸大橋

2009年10月08日
鷲羽山(岡山県倉敷市下津井田ノ浦)からの瀬戸大橋の眺めです。
鷲羽山より瀬戸中央道3  鷲羽山より瀬戸中央道2

鷲羽山より瀬戸中央道1
山名は、北東側から遠望すると、鷲が翼を広げた姿に見えることに由来しているといわれています。
別名・鍾秀峰。

瀬戸内海に面し、瀬戸大橋全景や備讃瀬戸に浮かぶ塩飽諸島の島々を望めます。
山頂展望台から、北側に広がる児島地域の町並みや、遠く玉野市、高松市等も望めます。
また、中腹から山頂にかけて古墳が点在。
Wikipediaより


瀬戸中央自動車道児島ICを出て、海の方へ走るといいようです。
この時は、ツアーで回っていたので、連れて行ってくれるという状況だったので、特に何もしていないのではっきりとわかりません。

瀬戸内海の3本の橋の1つです。
それぞれに全然違いますね。
明石海峡大橋は途中に島もなく、渡りきると淡路島です。
しまなみ海道(西瀬戸中央道)は、多くの島を通過して結ばれています。
そしてこの瀬戸中央道は、周りに多くの島がありながらも、与島にしかPAはありません。

無数の島が点在する様子というのは、そんなに目にするものではありません。
これも日本なんだなぁ~と、不思議な感じでした。
綺麗でした。
村上水軍の拠点としても知られていますが、これだけ島があると隠れるには絶好の場所です。
よく判りますね。
こうして歴史の話の現場を目の前にすると、歴史好きになるのではないですか。



日本最古の唐辛子とも言われる香川(讃岐)本鷹を使用した辛くて美味しい七味です幻の唐辛子を...




■産地直送&送料無料※代引不可■天日干し 棚田のお米
5,775円
関連記事
Comment

管理者のみに表示