徳川御三家-新聞記事

2009年10月01日
2009年10月1日の朝日新聞(関西・夕刊)は、徳川御三家でした。

お殿様は今8-2472  お殿様は今8-1471

徳川御三家といえば、超が付くほどのお殿様です。

しかし意外とごく一般的な
(といっても、大手企業に勤められています。それぞれの方の努力の賜物のはずです。)
生活をされているように思います。
ただ、先祖が残したものを守るために、週末に名古屋や水戸に通ったりと大変な生活はされているようです。

でも、“お殿様”という雰囲気を撒き散らすというのではなく、上品な方がおられるな…、えっ徳川家の方?!というようなことを写真から感じます。
やはり気品溢れる方なのでしょうね。

水戸の「彰考館徳川博物館」の、膝がすり減った袴はそのまま展示というような、修復無しというのは私からすると嬉しいです。
当時をそのまま感じることが出来るような気がしますよね。
どうしても…という状態になれば、ある程度の修復も仕方がないとは思います。
消えて無くなるより、少しでも形がある方が歴史がそこにあるようで、嬉しいですから。

これからも歴史を語る色々なものの保存を宜しくお願いします。



【天満屋特選ギフト】徳川美術館コレクション風呂敷 徳川牡丹




【一休限定】プリフィックスディナー“プリモ”/シングル 2名
7,750円
関連記事
Comment

管理者のみに表示