沖田総司ストラップ 姫路城土産

2009年09月22日
甥っ子に姫路城のお土産に“沖田総司ストラップ”を貰いました。

沖田総司ストラップ

小学生の甥っ子までに、私の新選組好きは浸透しています。
何故、姫路城で“沖田総司”なのかは、この際置いておいて、見つけて私を思い浮かべてくれるのは嬉しいではないですか。

姫路城の南には、新選組の屯所となった建物が、亀山御坊本徳寺(兵庫県姫路市亀山324)にあります。
≪本徳寺最大の建物 本堂≫
西本願寺の資料によると、慶応元年、北集会所を提供、慶応元年3月頃~慶応3年春頃まで屯所として使用されました。
正面右側広縁の柱の刀傷は新選組がつけたといわれ、正面から4、6本目の柱面にあります。

という事で、姫路が新選組の舞台になってはいませんが、遺構があるのでおかしくはありませんね。
それに姫路文学館には、“燃えよ剣”“竜馬がゆく”等で有名な、司馬遼太郎記念室もあります。

ちなみに…
今日は姫路城の天守閣に登るのに、2時間ほど並んだそうです。
天守閣でも入場制限されていて、天守閣一周の前に、「この階段から下りて下さい。」と…。
“2時間ならんで2分でさようなら”だったそうです。
なぜそれほどまでに、姫路城が人気なのでしょうか?
不思議です。



お取り寄せで大人気!贈答品としても喜ばれます。播磨名産 しらさぎ揚 プレーン 12枚入り姫...



関連記事
Comment

管理者のみに表示