眠れぬ夜に-幕末鬼骨伝-

2009年09月14日
もうすこし、広瀬仁紀氏の幕末モノを紹介します。
前と同じ頃に読んだのが、“幕末鬼骨伝”です。

幕末鬼骨伝 (時代小説文庫)幕末鬼骨伝 (時代小説文庫)
(1993/06)
広瀬 仁紀

商品詳細を見る

伊東甲子太郎、松本良順、山岡鉄舟、頭山満がそれぞれ主人公の短編が入っています。

私は“伊東甲子太郎”の名前にひかれて読み始めたと思います。
新選組といえば、近藤勇や土方歳三たちの側から見て書かれたものが多いですが、離党した伊東甲子太郎側から新選組を見ることが出来ます。

松本良順も新選組と関わった人物ですが、新選組の外部から新選組を見ています。

山岡鉄舟も浪士隊の京都上洛に関わっていた人物で、芹沢鴨や近藤勇とも少なからず関係があります。
浪士隊の上洛の場面では新選組も登場します。

頭山満は、ゴメンナサイよく存じませんが、板垣退助らと活動したようです。
板垣退助は幕末というより、明治の印象が強いでしょうか。

そんな感じで、新選組を前、後、斜めからみて新しい新選組を発見してはどうでしょうか?
また、へぇ~、(新選組と反対側には)こんなエピソードがあったのかと、新しい感動もあるかもしれません。
関連記事
Comment

管理者のみに表示