屋久島・白谷雲水峡 奉行杉

2009年09月23日
三本足杉の次には三本槍杉があるはずなのですが、写真には残っていませんでした。
奉行杉まで歩いていました。
奉行杉431
樹高 24.0m
胸高周囲 8.5m
標高 820m
屋久島町立屋久杉自然館HPより


木の表面にびっしりと苔が生えていました。
段々と、苔も多くなってきました。
テレビや写真でみる屋久島の原生林の風景です。

ヤクシカも時々姿を見せます。
小型の鹿で可愛いのですが、ガイドさんは「畑の農作物を何度荒らされたかわかりません。私達からしたら可愛くないです。」といっておられました。
もしかしたら、こういう自然遺産のように保護されると、一部自然のバランスが崩れてしまってヤクシカやヤクザルが異常に増えてしまったのかもしれないですね。

江戸以前のような、人間が自然に敬意を払ってむやみに立ち入らない、でも生きるために最小限の生物は取る、というのが一番いい付き合い方かもしれないなと思いました。

切株更新が行われた杉があります。
でも樹齢数千年の杉が残っているのは、江戸時代は人の手だけで行われていたので、すべての屋久杉を切られてしまう事は無かったのでしょうね。



しっとり甘~い安納芋は食物繊維たっぷりの天然スイーツJA種子屋久 島あんのう(安納いも)5kg...



関連記事
Comment

管理者のみに表示