屋久島・白谷雲水峡 二代大杉

2009年09月21日
さらに奥へと歩いて行きます。
分岐を右へ、原生林歩道に入ってまもなく、二代大杉が聳えています。
二代大杉2428  二代大杉1427
江戸時代の切株の上に生まれた、二代目の小杉です。

樹高 32.0m
胸高周囲  4.4m
標高 730m

屋久島では、樹齢千年未満は“小杉”で、千年を超えないと“屋久杉”とは呼ばれないそうです。

【切株更新】
伐採された切株から、新しい芽が出て成長する事。

【倒木更新】
倒れた木から、新しい芽が出て成長する事。
屋久島町立屋久杉自然館HPなどより

ここに来る途中でも大きな杉はありましたが、この杉をみて“大きい!”と驚きました。
縄文杉ってどんな化け物だ?とも考えました。
これよりも大きいのですから。

それにしても樹齢千年未満は小杉って…。
私なんてたかだか○十歳です。小がいくつ付くほどの子供なんでしょう。
まだまだ白谷雲水峡は堪能できていません。
関連記事
Comment

管理者のみに表示