スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱館奉行所跡

2008年02月14日
“どうしても見ておきたい史跡を優先する”が基本なので、いちど船見地区から離れます。
元町地区まで、歩きましょう。
山上大神宮の坂を下りて、善福寺手前の道を右折します。そのまま600mほど直進すると、元町公園に出ます。
ここが箱館奉行所跡(函館市元町12番の一帯)になります。
bugyousyo073.jpg
箱館戦争の時は、旧幕府軍の箱館奉行所が置かれた場所です。
明治元年12月、蝦夷を平定した旧幕府軍は、アメリカを真似て入札(投票)を行い、各役職を決めたのは有名です。
総裁 榎本釜次郎
副総裁 松平太郎
海軍奉行 荒井郁之助
陸軍奉行 大鳥圭介
陸軍奉行並 土方歳三
箱館奉行 永井尚志
箱館奉行並 中島三郎助
江差奉行 松岡四郎次郎
松前奉行 人見勝太郎
などが決まった。
当時の箱館市街とは、今の若松町以西で、以東は亀田でした。(五稜郭も亀田村中にあった。)
箱館奉行所は江戸幕府時代の奉行所をそのまま使っていた。
五稜郭が本営で、箱館奉行所は分営。                   新選組大事典より

ここまで歩いてくると、船見地区とまた違った雰囲気です。
観光スポットがあるので、普通(マニアックに史跡巡りしている私達はちょっと普通ではない?)の観光客の人達も多く見られました。
箱館奉行所跡は公園になっていて、「箱館奉行所跡」と書かれた木柱が立っているだけでした。
後ろに見える「旧函館区公会堂」が印象的でした。ライトブルーと黄色の外装がとても綺麗でした。一見凄い取り合わせかと思いますが、実際に見てみるとピッタリと合っているのです。
「箱館奉行所」といえば、絶対に土方歳三が訪れています!
同じ土地に立って、同じ空気を吸っているという嬉しさを、ここに来て初めてしみじみと感じました。
箱館に来たんだ!!
ここで土方さんは、作戦を練ったり、仲間と語ったりしたのでしょうか。
同郷の友や、京で共に戦った仲間を思い出したりしたのでしょいか。
それすら考える時間は無かったのでしょうか。
ますますこれから行く、史跡が楽しみになってきました。
何か私なりに感じる事が出来るでしょうか。

明日はちょっと寄り道になるのかもしれません。
史跡ではないですが、新選組には関係ないともいえない…。そんな場所です。
関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。