鷹の巣岩&碁盤島

2009年08月31日
能登半島の西側に位置する能登金剛でみられる、鷹の巣岩と碁盤島です。
鷹の巣岩と碁盤島説明

鷹の巣岩(石川県羽咋郡志賀町富来牛下厳門)です。
鷹の巣岩5  鷹の巣岩1

鷹の巣岩2  鷹の巣岩3
高さ約27mの海に突き出した巨大な岩です。
鷹しか降りられないほどの高さがあることから、名付けられたといわれています。
本当に鷹が巣を作っていたともいいます。


碁盤島(石川県羽咋郡志賀町富来牛下厳門)です。
碁盤島
景色が素晴らしいため、義経主従が上陸し碁を打ったと云われています。

義経は何度打っても弁慶にかなわず、怒って碁盤を投げつけたそうです。
また碁盤島にある池の中には碁盤型の岩の塊があります。
案内板などより


JR七尾線の和倉温泉駅、のと鉄道能登中島駅か和倉温泉駅からバスでしょう。
歩けないですね。約25㎞もあります。
国道249号を七尾西湾沿いに走り、大津交差点で西に走ります。
福浦港交差点で北に曲がると、約1.5㎞で碁盤島とその横に鷹の巣岩があります。

日本海に出ると、奇岩といわれるような岩がたくさんありました。
鷹の巣岩はポコンと出ていました。
確かに鷹ぐらいしかあのテッペンにはいけないかな。
「何やってるいるの?!」というようなことにチャレンジする人が多いですが、この岩に登る人はいないのでしょうか?

碁盤島は“島”であって、“岩”ではないのですね。
ここでは義経が弁慶と碁を打ったというので、人間が上陸する事は可能なのでしょう。
碁盤島にある池の中にある碁盤型の岩の塊を見てみたいです。
どうみても上陸は不可能だと思うのです。
碁盤型の岩が気になります。
義経と弁慶も見たかもしれないではないですか!



石川県産加賀太きゅうり約5kg春夏終了し、秋作まで値段が高いです




大正ロマンの部屋から入り江を眺める休日/おまかせ懐石プラン
13,650円

関連記事
Comment

管理者のみに表示