スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

果報は寝て待て-弐・会津若松市

2008年05月03日
今回、訪れる事が出来なかった、会津周辺の史跡です。
いつか訪れる時の為に、メモがわりに記しておきます。

「会津戊辰戦争写真集より」調べました。

【会津若松市内】

飯沼友次郎の墓 会津藩大窪山墓地 福島県会津若松市門田町北青木
            伝・新選組隊士

如来堂 福島県会津若松市神指町中四合

土方歳三滞在地・清水屋跡 福島県会津若松市大町1-1-38
                   銀行店舗。入り口脇に観光協会の案内板

土方歳三湯治の地・東山温泉 福島県会津若松市東山町湯本

松平容保の墓 福島県会津若松市東山町院内

不動滝 福島県会津若松市一箕町八幡坂下
      伊東悌次郎・池上新太郎・津田捨蔵の戦死体が発見されました。

殉節白虎隊士之霊碑 福島県会津若松市一箕八幡墓料

蚕養口 福島県会津若松市蚕養町
      滝沢本陣を退いた松平容保は同行していた、松平定敬と別れ、若松城に戻りました。

蚕養神社 福島県会津若松市蚕養町
        桑名藩兵と新政府軍の戦闘があった場所です。

甲賀町口郭門跡 福島県会津若松市東栄町
            松平容保が甲賀町口郭門から城に向かいました。石垣が残っています。

六日町口郭門跡 福島県会津若松市東栄町
            神保内蔵助が戦った場所です。

土屋一庵邸跡 福島県会津若松市東栄町
           田中土佐と神保内蔵助が自刃した場所です。

野矢常方の顕彰碑 福島県会津若松市本町 諏訪公園

天神橋 福島県会津若松市城南町
      新政府軍と会津藩兵との戦闘の場所です。

天寧寺町土塁 福島県会津若松市花春町
           第二砲兵隊・青龍寄合組・御霊櫃峠を守備していた第一砲兵隊は、
           天寧寺付近で新政府軍を突破して、入城を果たしました。

二十一人之墓 福島県会津若松市門田町黒岩南青木 善龍寺
           西郷頼母邸での自刃者の墓碑です。

柳橋 福島県会津若松市神指町黒川薬師川原
     中野竹子が被弾しています。

中野竹子の石像 福島県会津若松市神指町黒川中久保
            死亡地付近に建立されています。

奈与竹之碑 福島県会津若松市門田町黒岩北青木 善龍寺
         会津戦争における女性殉難者232人の名前が刻まれています。

阿賀川の渡し場跡 福島県会津若松市・北会津村
             入城できなかった者は、阿賀川を越えて避難しようとしました。

日新館天文台跡 福島県会津若松市米代
            藩校・日新館は病院となっていました。8月23日の戦いで炎上しました。

戦死十一人之墓 福島県会津若松市金堀

戦死十八人墓 滝沢峠

滝沢峠 福島県会津若松市一箕町金堀・一箕町八幡
      新政府軍が進軍。

一瀬要人の墓 福島県会津若松市門田町一ノ堰村西 光明寺
           会津藩士。

鈴木重季・重光の墓 福島県会津若松市大戸町上雨屋 常金寺
              白虎一番寄合組・鈴木五郎のことか?重季はその兄の鈴木忠之助か?

泰雲寺 福島県会津若松市門田町面川舘堀
      入城できなかった家老・内藤介右衛門の家族と、
      その姻戚にあたる上田八郎右衛門の家族が避難していました。

内藤一族の墓 福島県会津若松市門田町面川舘堀 泰雲寺
           新政府軍が迫ると、内藤・上田両家全員自刃。泰雲寺も炎上しました。

薬師堂山 福島県会津若松市大戸町雨屋
        白虎一番寄合組・同二番寄合組等が布陣し、新政府軍の迎撃に備えていました。

小田山砲陣地跡 福島県会津若松市門田町黒岩

融通寺町口郭門跡 福島県会津若松市日新町
             佐川官兵衛は9隊1,000余名の兵を率いて城を出陣し、
             融通寺町口郭門から長命寺に向かいました。

長命寺の土塀 福島県会津若松市日新町
           弾痕が残っていました。
           しかし修理された現在は弾痕のあった場所が示されているだけです。

桂林寺町口郭門跡 福島県会津若松市本町
             土佐藩兵を桂林寺町口郭門外に布陣した砲兵隊三番分隊が攻撃しました。

諏訪神社 福島県会津若松市本町
        砲兵隊一番分隊が布陣し、土佐藩兵を撃退しました。

河原町口郭門跡 福島県会津若松市川原町
            佐川官兵衛に退去命令を出しました。
            しかし、佐川は河原町口郭門内の土蔵を本営として城下に残りました。
            負傷者のみ帰城させました。

住吉神社 福島県会津若松市材木町
        新政府軍に対し、佐川官兵衛は兵を住吉神社裏と秀長寺に潜ませました。
        城下戦、唯一の勝利でした。

会津藩戦勝地跡の木柱 福島県会津若松市材木町 住吉神社

秀長寺古戦場碑と供養塔 福島県会津若松市材木町 秀長寺
                 秀長寺の戦いで討死した10名のものと佐川官兵衛の歌碑があります。

佐川官兵衛顕彰碑 福島県会津若松市追手町
             西南戦争で戦死。戦死地の熊本県長陽村の石材を使っています。
             背後の土手は、若松城三の丸の土塁跡です。

長岡藩士殉節之碑 福島県会津若松市門田町飯寺村東 本光寺墓地
              長岡藩兵は佐川官兵衛らと新政府軍と戦いました。

鐘楼跡 福島県会津若松市 若松城
      篭城戦が展開されても、鐘は平時とかわらず時を告げていました。

土佐藩本営跡 福島県会津若松市上町
          松平容保より降伏の使者を命じられた鈴木為輔と川村三郎は、
          捕縛していた土佐藩の人足・作吾を案内人として土佐藩本営に向かいました。

空井戸跡 福島県会津若松市 若松城
        梨子園と空井戸に礼拝後、松平容保は謹慎場所、妙国寺に送られました。

梨子園跡 福島県会津若松市 若松城
        松平容保は篭城中の死者を葬った二ノ丸伏兵郭の梨子園と
        三の丸空井戸に香華を供しました。

大芦古戦場 福島県会津若松市昭和町大芦
         降伏を知らない、諸生組と朱雀三番寄合組が
         大芦に屯集する加賀・大聖寺・高崎藩兵の陣営を襲撃しました。

官軍戦死九人之墓 福島県昭和町大芦
              高崎藩兵。

野村新平 福島県会津若松市昭和町大芦
        朱雀三番寄合組半隊頭で、大芦の戦いに討死しました。

戦死墓 福島県 長命寺
      長命寺の戦いでの戦死者等145名が埋葬されました。

永井家 福島県会津若松市神指町高久
       萱野権兵衛ら会津藩兵が本営としていた場所です。

河井継之助の埋骨地 福島県会津若松市建福寺前 建福寺

福永 福島県会津本郷町
     会津藩兵は阿賀川を渡り、福永に転陣しました。


熟年 会津・磐梯ゆとりの旅 (ブルーガイド―てくてく歩き)熟年 会津・磐梯ゆとりの旅 (ブルーガイド―てくてく歩き)
(2004/05)
ブルーガイド編集部

商品詳細を見る
関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。