海峡ゆめタワー(海峡メッセ下関) 肆

2009年08月11日
海峡ゆめタワー(山口県下関市豊前田町3丁目)内にあった、坂本龍馬の手紙についてと、奇兵隊の説明板。
坂本龍馬手紙1

坂本龍馬手紙3  坂本龍馬手紙2
坂本龍馬は何度も下関に来ています。
高杉晋作とも会っています。

龍馬が兄に送った手紙で、下に下関、上に門司、右端は巌流島です。



奇兵隊2

奇兵隊1  奇兵隊3
高杉晋作が結成した奇兵隊は長州では知らない人はいないのでしょう。

【奇兵隊】
長州藩諸隊と呼ばれる常備軍の1つです。
「奇兵」とは藩士・武士のみからなる部隊(撰鋒隊)に対して、藩士と藩士以外の武士・庶民からなる混成部隊の意味。「正規兵」の反対語になります。

奇兵隊などの諸隊は文久3年の下関戦争の後に藩に起用された高杉晋作らの発案によって組織された戦闘部隊です。
この諸隊の編制や訓練には高杉らが学んだ松下村塾の塾主・吉田松陰の『西洋歩兵論』などの影響があると指摘されています。
当初は外国艦隊からの防備が主目的で、本拠地は廻船問屋の白石正一郎邸に置かれていました。
本拠地はのちに赤間神宮へ移ります。
奇兵隊が結成されると数多くの藩士以外の者からなる部隊が編制され、長州藩諸隊と総称されます。

同年に奇兵隊士が撰鋒隊と衝突した教法寺事件の責めを負い、高杉は総督を更迭されます。
その後、河上弥市と滝弥太郎の両人が総督職を継いだのを経て、総督は赤根武人、軍監は山県狂介が務めました。
同年には、京都で八月十八日の政変が勃発し、朝廷から長州勢力が追放される。翌年の元治元年、新選組が長州藩の攘夷激派を襲撃した池田屋事件の後に長州藩は京都の軍事的奪回を図り、禁裏を侵して会津藩・桑名藩などの幕府側と衝突し、長州藩の不穏な動きを警戒していた薩摩藩が援軍として加わると形勢が変わり、長州勢は総崩れになり敗北。
この禁門の変で長州藩は禁裏を侵したために朝敵となりました。
幕府は朝敵・長州藩を伐つため、長州征伐(第一次幕長戦争)を行います。
この戦争では奇兵隊も軍事力として戦った。

長州藩が第一次幕長戦争に敗北した後に亡命していた高杉は帰藩。
高杉らが藩政の主導権を握り藩の保守勢力を一掃すると、長州藩の方針は倒幕に定まりました。
元治2年には幕府によって再び長州征伐(第二次幕長戦争、四境戦争)が行われ、奇兵隊ほか諸隊も戦っています。

慶応2年に長州藩は薩摩藩と倒幕で一致して薩長同盟を結び、慶応3年10月の大政奉還を経て、慶応3年12月)に薩長が主導した王政復古が行われました。奇兵隊ほか長州藩諸隊は官軍の一部となり、旧幕府軍との戊辰戦争で戦いました。
この頃、周防地区では第二奇兵隊(南奇兵隊)も作られています。

奇兵隊は身分制度にとらわれない武士階級と農民や町民が混合された構成であるが、袖印による階級区別はされていました。
隊士には藩庁から給与が支給され、隊士は隊舎で起居して訓練に励みました。
このため、いわゆる民兵組織ではなく長州藩の正規常備軍です。
奇兵隊は総督を頂点に、銃隊や砲隊などが体系的に組織。
高杉は泰平の世で堕落した武士よりも志をもった彼らの方が戦力になると考えていたとされます。
隊士らは西洋式の兵法をよく吸収して当時最新の兵器を取り扱い、戦果を上げました。

奇兵隊は、明治維新以降、鎮台の設立に伴って廃止。明治2年から翌年にかけて、隊士の一部が脱退騒動を起こして山口県庁を包囲しました。
騒動の首謀者とみなされた大楽源太郎は、九州の久留米へ逃れます。
大楽は、同志を糾合して再起を図ったものの、騒動は木戸孝允(桂小五郎)により武力鎮圧され、大楽はじめ130人あまりが処刑されました。
また、奇兵隊士の一部は農民一揆にも参加しており、明治時代初期に多発した士族反乱にも影響を与えたと言われています。
Wikipediaより


坂本龍馬の手紙は恐らく見たことはあったと思います。
霧島の手紙は覚えているのですが。
巌流島などが書かれているのは知りませんでした。
龍馬は巌流島を見て、何か思ったのでしょうかね?
宮本武蔵と佐々木小次郎を思い、武蔵のようになりたいなんては思わなかったでしょう。
武蔵の勝因と小次郎の敗因を冷静に分析していそうです。
それ以前にあまり興味自体が無かったかも知れません。

奇兵隊ときくと、陸援隊を差し置いて(笑)、海援隊と奇兵隊と思い浮かべます。
中岡慎太郎より高杉晋作の方が、歴史の中では中心に近いからでしょうかね。
本人達は後世での知名度などは気にしていないでしょうが。
気にしていたら、何も出来なったかもしれませんね。

しかし、私にとって諸隊といえば、新選組です。
海援隊より新選組です。
海援隊と新選組は全く違う働きをしているので、比べるというのは間違っているかもしれませんね。



非常持出袋<ビッグナップ>【防災用品・防災グッズ/防災袋】


【8/17 9:59までP10倍】アウトドアや停電・地震など緊急時にもとっても便利【防災グッズ】【携...







専門家が作った!防災避難セット
10,500円


関連記事
Comment

管理者のみに表示