スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眠れぬ夜に-燃えよ剣

2009年08月02日
夏休みに入り、読書感想文の宿題で頭を悩ますところです。
また、宿題のない世代の方でも、暑くて眠れない夜が多いのではないでしょうか。
幕末に興味がある方はぜひ読んでみてください。

新選組を題材にした小説の中で、必ず上位に入いるのは“燃えよ剣”です。
司馬遼太郎氏の中では、“竜馬がゆく”の方が有名ですね。


燃えよ剣(上巻)改版

土方歳三が主人公です。
新選組を知って最初に読んだ小説がこの“燃えよ剣”でした。

近藤勇やその他新選組隊士ももちろん出てきます。
史実に基づいて書かれているので、勉強にもなりました。

私が一番印象に残っているのは、土方歳三と沖田総司との結びつきです。
お互いに信頼しているという、見えない絆がヒシヒシと伝わってきます。
兄弟というより、人生のパートナー、命を賭けるに値する相棒に近い感覚かもしれません。

この作品が素晴しすぎて、それを伝えられるだけの言葉が見つかりません。
とにかく、幕末や新選組好きの方は、読んでみてください!
後悔はしないはずです!!
関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。