カチカチ山・天上山

2009年08月06日
カチカチ山の舞台、天上山(山梨県南都留郡富士河口湖町浅川)からみた富士山です。
カチカチ山より1  カチカチ山より2
河口湖畔の天上山山頂からみた富士山です。
富士の裾が綺麗に広がっている風景が目の前に現れます。

富士山の裾野の青木ヶ原樹海も綺麗です。
樹海の中に入れば、方向感覚をなくして迷ってしまうといいます。
亡くなってしまう人も多い、一種の魔境、あの世とこの世の境目なのかもしれません。
しかし外から見ていると、緑が深い自然の美しい場所に見えます。
どうして出てこられなくなるのかわからないです。
樹海の中を道路が走っているのも、そう思わせる一つかもしれません。

その樹海の手前に富士急ハイランドも見えます。

天上山はカチカチ山の舞台とも言われています。
この山を背の薪に火をつけられた狸が駆け下りたそうです。
駆け下りにくそうな山ですが、狸さん頑張ったのですね。

ロープウェーを降りて、少し坂道を登れば山頂(三角点?)に着きます。
片道10分ほどだったかな?
そこからは富士山は見えませんでした。
木々が生い茂っています。

カチカチ山の舞台なので、展望台までのロープウェーの上には ↓
カチカチ山ロープウェー1  ロープウェーより2
この2匹が乗っています。

ロープウェーより
ロープウェイより青木ヶ原樹海方向の眺望



富士山銘菓の人気NO.2【こけもも羊羹】不老長寿の実として、昔から言い伝えられてきたこけもも羊羹


BLEACHーブリーチー(40)







小林牧場の甲州ワインビーフ「カレー3袋」と「シチュー3袋」セット?パーティやキャンプにおススメ!
3,480円
関連記事
Comment
No title
こんばんは。天上山、懐かしいです。ここから冨士山を見ると裾野の広さがよく分かります。
ロープウェー乗り場にあった、ほのぼのかつ残酷なカチカチ山の絵も思い出深いです(笑)。
冨士の一帯は、私の地元一帯を治めた湯長谷内藤家初代の母方の祖父「小山田信茂」かって武田勝頼を裏切った小山田一族の領地である場所でもあり(旅行の後、気がついたのですが)その後、小山田氏や松姫、新撰組に色々興味が湧いた事から、なにか縁のある場所かなと思えます。
スポッツ
Re: No title
本栖湖など、富士五湖の後ろにそびえる富士山も綺麗ですが、私はこの天上山から眺める富士山が一番気に入りました。
あの裾野の広がりに感動しました。あの左右対称の美しさに、あの角度、奇跡ではないですか?(笑)
まさに堂々と聳えている感じです。周りに山が無いのも珍しいですよね。
やはり富士山は日本一でした。

管理者のみに表示