スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士五湖-河口湖

2009年08月04日
富士五湖の中で最も長い湖岸線を持ち、最も低い標高地点にある河口湖(山梨県南都留郡富士河口湖町(旧河口湖町、勝山村、足和田村))です。
河口湖2  河口湖3

河口湖406

面積は富士五湖では2番目の大きさで、最大水深は精進湖と並び3番目の深さです。
湖の中央に鵜の島と呼ばれる小さな島があります。

富士五湖の中で最も北に位置し、全体が南都留郡富士河口湖町に属する。

河口湖には天然の流出口がないため古来より大雨により増水し、湖岸の村々に洪水被害を出していました。
一方で、山を挟んだ東の富士吉田市域の新倉村では透水性の溶岩台地が広がり水利に乏しく、湖水を新倉方面へ通水させる用水路の開発が求められていました。
新倉掘抜は江戸時代初期から工事が行われ、曲折を経て江戸後期の
元治2年に完成し、新倉村は河口湖の水利権を保持しています。
明治44年には新たなトンネルが掘削され、現在は利用されていません。

面積 6.13k㎡
周囲長 19.08㎞
最大水深 15.2m
貯水量 0.084k㎥
水面の標高 830m
成因 堰き止湖
淡水・汽水 淡水
透明度 7.0m

Wikipediaより


西湖の東、1.5㎞ほどです。
河口湖は2度目です。

今回は車だったので、湖をほぼ1周出来ました。
前回は東京駅から高速バスで、富士急行線河口湖駅まで来たのです。
その時は、河口湖でも徒歩なので、河口湖駅を中心に河口湖大橋付近までしか行けませんでした。

河口湖周辺は、ホテルも多く宿泊施設あちらこちらにありました。
一番宿泊する人が多いのではないかと思いました。
河口湖の西側はまだ自然が多かったのですが、東へ行く(富士急行線河口湖駅へ近づく)ほど、建物が多くなって町でした。

ここに来てやっと富士山とご対面です。
富士山をみると、なんだか日本人だなぁ~って思います。
落ち着くというか、どうしても目で追ってしまうのです。
季節的に無理なのですが、頂上付近に雪が積もっていたらもっと嬉しかったです。
この数日後、富士山に初雪のニュースを聞いたような…。

富士山雪404
  最初に訪れた時の富士山

河口湖からカチカチ山407
 河口湖とカチカチ山(天上山)

河口湖国旗405
湖畔の建物にかかっていたカメルーン国旗
初めて河口湖を訪れた時は、サッカーの大会があった年の前後でした。
今はもうありません。

河口湖駅1408  河口湖駅
旧河口湖駅(左)とそこにかかっていた看板(右 駅舎改修後、看板は保存されていました。)




アングラーにオススメ!ブラックバスステッカーハンティンググランド河口湖







ゆっくりチェックイン朝付プラン 夜景のきれいなツインルーム
12,600円
関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。