富士五湖-精進湖

2009年08月02日
富士五湖で一番小さい精進湖(山梨県南都留郡富士河口湖町(旧西八代郡上九一色村))です。
精進湖1  精進湖2
湖名は、富士参詣者が湖で沐浴して精進潔斎したことに由来する説や、富士の背にあたることから「背地」(せのち)と呼ばれたとする説があります。

富士山の火山活動によって形成された堰水湖で、流入する河川や湖水の流出口はありません。
富士五湖中でもっとも湖水面積が狭い。
最大水深は河口湖と並び3番目の深さ。
本栖湖・西湖と同じ水位であり、かつては単一の大きな湖(剗の海)であったと考えられています。
富士山の溶岩流でまず南西の本栖湖と分断され、貞観6年の大噴火の溶岩流によって西湖と分断されたと思われます。

栄養湖でプランクトンが多く、湖色も緑色。ヘラブナやワカサギが生息しています。

面積 0.5k㎡
周囲長 6.8㎞
最大水深 15.2m
水面の標高 900m
成因 堰き止湖
淡水・汽水 淡水

Wikipediaより


本栖湖より直線距離で約2㎞北にあります。

本栖湖の周囲は山のようで、木々に囲まれて人を拒んでいるような感じでした。
この精進湖は、周囲が低木や草なので、遠くまでの見通しがきいていて明るい感じでした。
それぞれに趣があっていいですね。

相変わらず富士山には雲がかかっています。
富士山の輪郭がぼんやりと見える程度です。
あ~残念。
途中の道では時々顔を覗かせてくれるのですが、ビューポイントについたら雲が…。

精進湖もあまり人がいませんでした。
ゆっくりと富士山を眺められます。
自然が残っていて癒されました。
たとえ富士山が見えなくても、美味しい空気と、静かな空間がホッとします。



夏の名産もも【白桃】の風味と味わいが楽しめるフルーツ羊羹【母★1,000円以下スイーツ】山梨産...
山の廻船問屋



関連記事
Comment

管理者のみに表示