関ヶ原-補遺

2009年07月15日
関ヶ原(岐阜県不破郡関ケ原町)周辺の、その他の史跡です。
前述のように、私は目的地に行く途中、寄ってもらったので、下記の史跡にまで足を伸ばせませんでした。
お時間のある方は、ぜひとも歩いてください。

奥平貞治の墓 …  家康に派遣されて小早川秀秋の動きを監視していました。秀秋が寝返ってからは陣頭に立ち、敵を追って玉村あたりで戦死したと伝えられています。
元治元年、子孫・奥平新左衛門源貞昭がこの地に墓を建てました。

丸山烽火場 … 関ケ原合戦の際、この山には東軍の黒田長政・竹中重門が陣どり、開戦の烽火をあげました。

島津義弘陣跡 … 北国街道を守備するため、島津は約1,000の兵を率いて、この地に布陣しました。
正面に銃手を3隊に分け、まず第1隊が敵を間近に引き寄せ、これを射撃。
第2隊、第3隊と交代、更に弾をこめて、再び第1隊が出る作戦でした。

徳川家康最後陣跡 床几場 … 敵の首を実検した場所。
合戦の最中家康は、東軍の動きを確認するため桃配山より軍を進めて、この陣場野に陣を敷きました。
最後まで味方の指揮にあたり、戦いが終わると部下が取って来た敵の首を実検したところです。
周囲の上囲いや中央の土壇は天保12年に幕府の命令により、竹中家の施工によるものです。

小西行長陣跡 … 北天満山に約6,000の兵をもって布陣し、開戦と同時にこの山において烽火をあげ、味方に戦闘開始の合図をしました。
午後になって小早川秀秋の反撃、次に大谷隊の敗報を聞いて戦意を失い、キリシタン大名ゆえ自決もできず、島津隊のうしろを廻り相川山を越えて春日方面に逃れました。

開戦地 … 北天満山を背にした西田運動広場の入口に、標柱が立っています。
ここは合戦場のほぼ中央にあたり、東軍の福島正則が井伊隊の抜け駆けに怒って宇喜多隊を攻撃した場所です。
現在の標柱の位置は、圃場整備によって史跡指定時よりも約200m北になっています。

東首塚 … 関ケ原合戦後、床几場で首実検をし、その後東西2ヶ所に埋葬したのが首塚です。
当時、この地の領主であった竹中家が戦後処理にあたりました。
両首塚は竹中家が造ったことが同家の記録に残っています。

宇喜多秀家陣跡 … 若くして豊臣政権五大老の1人となった秀家は、約17,000の兵をつれ南天満山に布陣。
開戦と同時に福島隊の猛攻撃を受け、一進一退の攻防を繰り広げました。
敗戦後、死罪を免れて八丈島へ流されましたが、息子や家臣とともに土地に根づき、83歳まで生きました。
陣跡の碑は杉木立に囲まれた天満神社の境内にひっそりと立っています。
巌流島の決闘で知られる剣豪・宮本武蔵は合戦当時17歳。宇喜多隊の一兵として激戦地で戦ったといわれていますが、その戦いぶりなど詳しいことは分かっていません。

大谷吉嗣の墓 … 盲目の軍師大谷吉継は、親友であった石田三成の懇請を受けて、宮上(藤川台)に出陣しました。
大谷は、かねてより松尾山の小早川秀秋の態度を疑って、それに備えていたのですが、小早川だけでなく、脇坂、朽木、赤座、小川らの裏切りによって、壮絶な戦いの末に自刀しています。

大谷吉嗣陣跡 … 三成とは若い頃から仲がよく、合戦にあたっては三成に挙兵を思いとどまらせようと説得しましたが、三成の強い決意を受けてともに挙兵し、死に装束で参戦したといいます。
9月3日からこの地で中山道を封鎖し、合戦では藤堂・京極隊を相手に善戦。小早川の裏切りにも果敢に迎撃しましたが、脇坂ら4隊までもが背いたため軍は壊滅。混乱のなか、吉継は潔く自刃しました。
周囲には、土塁の跡と思われる盛り土が今も続いています。

平塚為広の碑 … 垂井の城主でしたが、大谷吉継と親しかった為、大谷隊に加わって不破関付近まで進出し、藤堂・京極の隊と奮戦していました。
しかし、小早川秀秋が反応するに及んで、本隊支援のために兵をまとめて引き返し、背面の敵と激闘奮戦しましたが、藤川台で戦死しました。

西首塚 … 西首塚は、JR東海関ケ原駅前から国道21号を西へ700mほど行ったところにあり、東首塚と同様、合戦で戦死した兵士が葬られています。
西首塚は別名胴塚とも呼ばれ、JR東海道本線の敷設の際には埋葬された白骨が出たところから、当初は相当な規模であったと思われます。

福島正則陣跡 … 秀吉恩顧の大名でしたが、奉行派の三成との確執から進んで家康に加担。東軍の先鋒として宇喜多隊を攻撃し、これを破りました。
月見の宮とは春日神社の別名。
ここからは美濃中山の方角に出る月が鏡台の上に鏡をのせたように見えるので、月見の名所といわれました。
境内の大杉は樹齢800年、周囲5.8m。

藤堂・京極陣跡 … 福島正則隊に続いて東軍の第2陣として進軍してきた藤堂・京極隊は、現在の関ケ原中学校付近に陣を敷きました。
午前8時に開戦すると、両隊は不破関付近へ進撃して平塚為広隊と交戦し、さらに進んで大谷吉継本隊と戦い、午後には小早川隊と共に大谷隊を破っています。

本多忠勝陣跡 … 本多忠勝は徳川四天王の1人に数えられる猛将で、本戦では軍監として参戦しました。
十九女池西に陣を敷きましたが、開戦すると、井伊直政隊が対戦している島津隊に向かって進撃し、共に戦いました。

小早川秀秋陣跡 … 松尾山に陣を敷いた小早川秀秋は、山麓に約15,000人の兵を配していましたが、午前中は戦いに参加せず傍観していました。
午後になって、東軍の威嚇によって反旗をひるがえし、西軍の大谷吉継の陣を攻めてこれを破り、戦局を東軍有利に一変させたことは有名です。
標高293mの松尾山山頂にある陣跡へは、ふもとから徒歩40分。

脇坂安治陣跡 … 脇坂安治は、朽木元綱、小川祐忠、赤座直保とともに松尾山麓に布陣。
大谷吉継の配下に属していましたが、戦が始まっても傍観するのみ。
小早川隊が寝返ると、4隊も続いて西軍の戸田、平塚隊を攻撃してしまいました。
かつて賤ヶ丘七本槍の1人として知られた安治は、西軍への参戦も本意でなく、藤堂高虎らと密約を交わしていたといわれます。
淡路洲本の所領は安堵となりました。

島津豊久の碑 … 西軍の中で、最後まで孤軍奮闘していた島津隊は、家康陣営前を突破して鳥頭坂まで来ましたが、東軍の松平忠吉・井伊直政・本多忠勝等が追撃してきたため、島津義弘(惟新)の甥の豊久が、ここで頑強にくい止めました。
その間に島津主従は、多良・時を経て、鹿児島へ帰ることができたのです。

桃配山 徳川家康最初陣跡 … 関ケ原町の東端、国道21号・一ツ軒の交差点を東へ約200m行ったところに、三葉葵ののぼりが立っています。
徳川家康最初陣跡は、道路脇の登り口からすぐです。
家康が関ケ原合戦の際、30,000の兵を率いて最初に陣をおいたのがこの桃配山でした。
家康が使用したと伝えられる腰掛岩と机石があります。
桃配山は、壬申の乱のとき大海人皇子(天武天皇)が野上の行宮からこの山へ出陣して、兵士を励まし、桃を配ったという伝説からついた名称です。

山内一豊陣跡 … 慶長5年(1600)家康の会津征伐に従軍した一豊は、関ケ原の戦いでの西上に際し、掛川城を明け渡しての出陣となりました。
岐阜、大垣城の兵と戦い、野上に入ると、一豊ら八将は一里塚より桃配山までの間の中山道左右に並列に陣し、南宮山の敵に備えました。
その後、家康の進旗にあたり、南宮山の隊に東軍攻撃の形勢がないため、使番による家康からの命令を受け、山内隊は有馬、蜂須賀の隊と共に柴井の地まで前進して戦いました。
戦後、妻の内助の功もあって、土佐の国主となっています。

壬申の乱の舞台でもあった関ヶ原です。
関ヶ原の戦いだけでなく、壬申の乱の舞台めぐりもできます。
関ヶ原町HPより


笹尾山周辺から離れ、名古屋方面へ向かう途中に、東海道本線と東海道新幹線に挟まれた国道21号線から、“徳川家康最初陣跡”という看板を目にしました。
家康はここに陣取り、関ヶ原を戦ったのか…と、車中より思い後にしました。
国道と新幹線に挟まれて、狭い場所でした。
やはり関ヶ原といえば、“原”でないと実感が湧きませんね。

戦国&壬申の乱を巡って歩くのも楽しそう。
でも、たっぷり時間を取っておかないと回りきれないと思います。



直江兼続と関ケ原の戦いの謎


本当は怖ろしい万葉集(壬申の乱編)


関ケ原醸造 宮内庁御用達のたまり醤油1.8L【あす楽対応_関東】



旅館・ホテルの予約なら『まいやど』で

◆ネットで24時間簡単予約!◆旅館なら阪急交通社へお任せ!
関連記事
Comment

管理者のみに表示