石田三成陣・笹尾山遠景

2009年07月12日
石田三成の陣があった、笹尾山を関ヶ原(決戦地碑の辺り)から眺ました。
笹尾山遠景1295
    標準で撮った写真
笹尾山の中腹に「大一台万大吉」の旗印が書かれた幟が見えます。
麓に見えるのは、蒲生郷舎陣の幟と島左近の幟です。

笹尾山遠景2296
   少しアップで撮りました。
たくさん幟が立っています。

笹尾山に登って、関ヶ原を一望するのも良かったですが、こうして笹尾山を遠くからみうるのもいいものです。
敵方からの目線になるのでしょう。
もしくは離れた場所にいる見方の目線。

こうしてみると、笹尾山から関ヶ原はよく見えますが、他の場所からも笹尾山はよく見えてしまいます。
この場所を陣とするのは、良いのか悪いのか…。
戦国ファンの方、どうなのでしょうか?

笹尾山では1組、決戦地で1組ほどしか、訪れている人に会いませんでした。
今はドラマの関係でどうかは判りませんが、ゆっくりと歴史に耽ることが出来ました。

全国的に有名になった、“ひこにゃん”をさらに引き立てるために、島左近由来のキャラクターとして、“しまさこにゃん”。
後に島左近の主君である石田三成をモデルにした“いしだみつにゃん”も作られているそうです。
「敵役ではない」そうです。






戦国武将B6ノート【直江兼続】戦国武将B6ノート【直江兼続】
()
不明

商品詳細を見る
関連記事
Comment

管理者のみに表示