昆陽宿跡-新選組が長州藩荷物を押収 三度目

2009年06月03日
3度目の昆陽宿跡(兵庫県伊丹市昆陽3~6丁目付近)です。
今回は西国街道を約800m自転車で走ってきました。

西国街道の出発点は、昆陽6丁目交差点から県道142号を、北へ200m北へ行った交差点(角に病院)にしました。
この交差点からまず西に曲がって、西国街道に入りました。
50mほどの所に、長勢児童遊園地(公園)があり、そこに西国街道と書かれた碑がありました。
西国街道長勢橋1
長勢児童遊園地前に建つ碑の側面と、現在の西国街道

西国街道長勢橋5  西国街道長勢橋3
正面からみた碑
この説明文には、
元治元年の蛤御門の変で敗走した長州勢が、ここで踏み止まって戦ったといわれています。長勢橋の碑』は南側の長勢児童遊園地内に立てられています。」
と書かれています。
ここがまさに、新選組が長州藩の荷物を押収した場所ではないでしょうか。

西国街道長勢橋4
公園内にある碑ですが、フェンスのギリギリに、フェンスの方に長勢橋とかかれた面があるので、実際は見難くて大変です。フェンスとの数㎝の間にカメラを入れて撮りました。

さらに300mほど西に進みます。
小さな公園内に、“昆陽・昆陽野”の説明を書いたものがありました。
昆陽・昆陽野1

昆陽・昆陽野4  昆陽・昆陽野3  昆陽・昆陽野2
もしかしたら読めるかもと、3分割して写真を撮りました。

西国街道昆陽・昆陽野4  西国街道昆陽・昆陽野5
公園の角にあった、“旧西国街道”の文字と、その碑の前付近の西国街道の様子です。

さらに60mほど西へ行くと、“西国街道・昆陽宿”と書かれた碑があります。
伊丹市昆陽8丁目になります。
西国街道昆陽宿2  西国街道昆陽宿1

P6030327.jpg
浅野内匠頭や伊能忠敬に幕末には奇兵隊も往来したそうです。

P6030328.jpg  P6030329.jpg

P6030330.jpg
こちらの説明も3分割して写真に撮りました。

西国街道昆陽宿3

90mほど西へ行くと、国道171号線にでます。
国道171号と交わる場所に、西天神社があります。
西国街道西天神社2  西国街道西天神社1

もちろん、ここからまだまだ西国街道は続きます。
この先に昆陽寺などがあるのですが、国道の高架や地下道など複雑になるので、今回の西端はここまでにしました。
県道142号の始めの場所まで戻りました。
そこから東へ少し行ってみました。

東へ180m、西国街道を歩くと、稲野小学校の正門の前に“西国街道”の碑がありました。
西国街道稲野小学校前2  西国街道稲野小学校前1

西国街道稲野小学校前3  西国街道稲野小学校前4

西国街道稲野小学校前5  西国街道稲野小学校前6
小学校正門前には道標もありました。
「すぐ中山・すぐ小濱」「すぐ西宮」「すぐ大阪・○○(尼崎?)」「すぐ京都」と、四面に刻まれていましたが、すぐ京都?京都は遠いと思うのですが?
西国街道を遠くから歩いてきた人にとっては、“すぐ”という感覚なのでしょうか?
大阪まで行けば川を船で上っていったのでしょうか?
この碑も、小学校の塀とくっつくように建っていたので、裏面はどうしても写真が撮りにくくて大変でした。
変な人がいると通報されていなければいいのですが…。

西国街道稲野小学校前8
西国街道の碑と、道標の前の西国街道の風景です。

西国街道稲野小学校前7
「芦のやの こやのわたりに 日は暮れぬ
          いづち行くらむ 駒にまかせて
                       能因法師」


道標の横に能因法師の歌碑も建っていました。

今回はここで“西国街道を歩く”は終了しました。
新選組が長州藩の荷物を押収した昆陽宿の雰囲気を感じられればよかったので、西国街道を歩くのはまた次回という事ですね。

西国街道は今は家の間を通る生活道路で、北の国道171号線が賑やかになっています。
静かですが、街道といわれるとそんな気がするような、やはりどこか風情のある道でした。
宿場として栄えた雰囲気はさすがにわかりませんでした。
本陣でも残っていれば、また違ったのでしょう。

この街道を新選組が歩いたと思うと、こんな近く(自転車で走ってこられる範囲)に、新選組史跡があることが信じられないです。
そしてとても嬉しいです。
関連記事
Comment

管理者のみに表示