スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鞍馬寺 木の根道

2009年06月24日
鞍馬寺(京都府京都市左京区鞍馬本町1074)寺域に見られる、木の根道です。
鞍馬寺6木の根道130
岩盤が固いため地下に根を張れず杉の根が顕わになっています。
牛若丸が兵法の稽古をした所といわれています。


遮那王堂・義経背比石からさらに進むと分岐しています。
どちらを行っても、また合流しますが、木の根道は南側にあります。
(もう少し先にもう一箇所、木の根道を見ることが出来る場所があります。)
南側を行くと、途中でさらに南へ下れる道もありそうです。
行った事がないので、どこまでいけるのか私にはわかりません。

木の根が地面に現れ、気を抜くと躓いて転びそうです。
足腰は強くなりそうです。
夜な夜な天狗と修行したのであれば、真っ暗闇でこの足元だと、1日の修行の後は大変な事になっていそうです。
地面に出てきているとはいえ、気の根っこですから、踏んで傷んで木が枯れてしまうと大変ですから、気をつけて歩くことにしました。

うっそうと木も繁り、ますます天狗がいてもおかしくないような雰囲気になってきました。
これは夜、一人で歩くのは無理そうです。


鞍馬天狗







ふまんじゅう 10個入り
2,100円

関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。