一条戻り橋

2009年06月10日
一条戻り橋(京都府京都市上京区堀川下之町)です。
一条戻り橋1

一条戻り橋3  一条戻り橋2
安倍晴明が式神を隠していた場所です。
冥界にも通じているといわれていました。

ここに立って願い事を思うと、橋の下にいる式神が通った人の口を借りてお告げを下すといわれています。

戻り橋はかつては土御門門と呼ばれていましたが、三善清行の葬列がこの橋を通ったとき、比叡山の行者だった、子の浄蔵がこの橋の上で必死で加持をして甦らせたことで、戻り橋となったと伝えられています。

今の一条戻り橋は新築されていますが、昔の欄干は晴明神社に保存されています。
陰陽師「安倍晴明」超ガイドブックより


晴明邸跡(京都ブライトンホテル)から、西へ歩いて堀川通まで出ます。
堀川中立売交差点から北へ150m、一本北の橋に向かいます。
一条戻り橋です。

一条戻り橋の下には、晴明が式神を隠していたというので、覗き込んでみました。
もちろん式神を見ることはありません。
そんな気配もありません。
当たり前ですね。

橋なので、下は川で水が流れているかと思っていましたが、水はありませんでした。
コンクリートで綺麗になっているので、式神は居心地が悪いでしょう。
きっと晴明の命令があっても、ここは遠慮したいと訴えているかもしれないですね。
当時の一条戻り橋の下はもっと住み心地が良かったのでしょう。

式神がいると思うぐらいには、そういう雰囲気のある場所だったのでしょう。


武者の習 (祥伝社文庫)武者の習 (祥伝社文庫)
(2009/04/13)
火坂 雅志

商品詳細を見る


源頼光 四天王 渡辺綱 一条戻り橋
関連記事
Comment

管理者のみに表示