六角堂 頂法寺

2009年05月31日
六角堂で親しまれている頂法寺(京都府京都市中京区六角通東洞院西入堂之前町248)です。
六角堂1

六角堂5  六角堂6

聖徳太子は、蘇我氏と物部氏との戦いで、「勝たせていただければ、四天王寺を建立いたします」と如意輪観音に祈りました。
崇仏派の蘇我氏が勝利した後、報恩のため四天王寺を建立しますが、そのための用材を求めてこの地を訪れました。
その際、太子は池で水浴をするためい、傍らの木に衣服とともに持仏の如意輪観音像を収めた箱を掛けておいたところ、如意輪観音像は重くなり動かなくなってしまいました。
夢告によりその観音がこの地にとどまり衆生を済度することを希望したので、その観音像を現在地に安置し祀る事にしました。

老翁がやってきたので、「この辺りに観音のお堂を建てるにふさわしい木はないか」と尋ねました。
老翁は「この近くに杉の巨木があります。毎朝紫の雲がたなびく霊木です。あの木を使うとよいでしょう」と言って去りました。
その杉の巨木を伐採して六角形の堂を建立したのが始まりといいます。

観音像は、太子の幼少時、淡路島の岩屋で水浴している時に隋から流れついたもので、像高一寸八分、太子の前世の守り本尊であったものと伝承されています。


六角堂3聖徳太子沐浴  六角堂4聖徳太子沐浴
聖徳太子沐浴の池跡
六角堂の北に、太子が沐浴したと伝わる池跡があります。
この池のほとりに小野妹子を始祖と伝える僧侶の住坊があったので「池坊」と呼ばれるようになりました。
池坊の祖先は、朝夕宝前に花を供えてきました。
これがいけばな発祥の地となって行きました。


六角堂2へそ石
へそ石
本堂東側の柵で囲われた中に平面六角形の平らな石があり、「へそ石」または「要石」と呼ばれています。
旧本堂の礎石と伝えられ、頂法寺が平安京造営以前から存在し、位置も移動していないことから、この石が京都の中心であるといわれています。
もとは門前の六角通にあったものを、明治初期にこの場所に移したのです。
石の中央に孔があり、元来は燈籠等の台石であった推測されます。
Wikipediaなどより


阪急電鉄京都線烏丸駅や京都市営地下鉄烏丸線烏丸駅から、烏丸通を北へ400m。
または、京都市営地下鉄烏丸線か京都市営地下鉄東西線烏丸御池駅から、烏丸通を南へ100mです。

華道で有名な池坊のゆかりのお寺です。
六角堂ですから、六角形です。
六角形には、六根(眼・耳・鼻・舌・身・意)によって生ずる六欲、つまり煩悩を脱して角を無くし、円満になる…、「六根清浄を願う」という祈りを込めて六つの角を造ったといわれているそうです。
しかし法隆寺夢殿、広隆寺桂宮院と八角形だったので、聖徳太子は“八”と結びついているものだと思っていました。

お寺は回りからキュッと挟まれているように建っていました。
太子沐浴の池はあまりに綺麗に整備されていて、聖徳太子を思い浮かべるのは無理でした。
綺麗すぎて、本当に?と思ってしまいうほどでした。
へそ石も残念な事に、六角通から数mとはいえ動かされていました。

聖徳太子の護持仏は秘仏で見ることが出来ないのが残念です。
よくあることですが、秘仏としてお寺の方も見たことがない仏様は大丈夫なのでしょうか?
何が…、木造なら虫食いですとか、保存状態の確認という事です。
千数百年とかの時間、どうなっておられるかもわからないのです。
大丈夫なのでしょうか?
仏様も外の空気を吸ったり、お日様の光を浴びたいとお思いにならないのでしょうか?
そういうものを超越したのが仏様ですか。


はじめての池坊いけばな入門はじめての池坊いけばな入門
(1999/05)
日本華道社池坊 専永

商品詳細を見る


華道
関連記事
Comment

管理者のみに表示
« 談山神社 | HOME | 平野神社 »