スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上宮遺跡公園

2009年05月24日
上宮遺跡公園(奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺南3丁目16番)
上ノ宮遺跡公園177
平成3年のふるさと創世事業の一環として公園建設された際に確認された遺跡です。

奈良時代の宮殿クラスの掘立柱建物跡、平城宮と同文様瓦のほか井戸跡も確認されました。
瓦は、平城宮でつかわれた瓦と同じ版傷(版は木なので乾燥したりつぶれたりして傷が出来ますが、同じ傷ということは、同じ窯で焼いているということになります)をもつものが出土しました。
そのようなことから、『続日本紀』の称徳天皇が行幸した際に利用されたとされる行宮の飽波宮と考えられるのではないかといわれています。
斑鳩町観光協会などより


駒塚古墳の横を東へ行き、富雄川まで出るとその川の手前、少し南西に公園があります。

私が訪れた時は、まだ公園としては整備途中でした。
こちらも遠くから眺めただけで次へ行きました。

聖徳太子に直接関係がなさそうと判断しての事でした。
斑鳩・飛鳥などは、古代ロマンがふんだんにあって、聖徳太子以外も見て回ると何年かかるかわかりません。
どうしも行きたい場所をピックアップしたら、古墳や遺跡が目に入っても、心の中で泣きながら歩きました。
もちろん寄り道OKですが、その場所で長く留まらないとか、遠くから見るだけにするなどは必要になってきます。
関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。