スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丹波篠山城-二ノ丸跡と大書院

2009年04月18日
丹波篠山城(兵庫県篠山市北新町2-1)の二ノ丸跡からみた復元された大書院です。
丹波篠山城3
二ノ丸跡とその北西隅にある井戸(手前)と、復元された大書院(奥)です。

丹波篠山城1
何処だったかな? 二ノ丸付近だと思うのですが…。

篠山城の大書院は二の丸跡に所在した城主居館の中で、とくに歴代城主による公式行事に使用された場所で、正規の書院造の建物となっていました。
この建物は慶長14年の徳川幕府の天下普請による篠山城築城時に、京都二条城の御殿を参考にして建てられたと伝えられています。
東西28m、南北26mの篠山城最大の規模となっていました。
内部には上段の間、孔雀の間などの多くの部屋があり、障壁画で飾られていたと考えられています。

昭和19年の失火により失われ平成12年3月大書院跡地に蘇りました。
篠山城跡案内板などより


大書院入口の横を通りすぎると、目の前が開けます。
二ノ丸跡です。
見取図の看板があるのではなく、それぞれ部屋などがあった場所の地面上にそれが記されていました。
実物大を実感するにはいい方法だと思います。
あまりこのような方法を取っているところはないですよね?

二ノ丸の周辺の桜は満開でした。
桜が多く植えられていて、お花見にはいい場所です。
今年は散ってしまいましたが、来年いかがですか?


風光る 第1巻 (1) (小学館文庫 わA 31)風光る 第1巻 (1) (小学館文庫 わA 31)
(2007/11)
渡辺 多恵子

商品詳細を見る


丹波篠山 アクセス
関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。