スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丹波篠山城

2009年04月16日
丹波篠山城(兵庫県篠山市北新町2-3)です。
丹波篠山城堀2  丹波篠山城堀1
元治元年の禁門の変には、蛤御門、堺御門を警衛しました。
慶応2年、長州再征には将軍家茂に従って大坂へ出動しました。
翌年正月、孝明天皇大葬の際、泉涌寺勤番、火の番を命ぜられました。

鳥羽・伏見の戦いでは、藩士864人が京都へ向かいましたが、新政府軍の勝利を知って亀岡の近くから兵を返しました。
山陰道鎮撫総督西園寺公望が兵を率いて篠山へ進駐した時、藩主は江戸にいて留守、藩論は揺れ動いた末に勤王へ傾いていました。
しかし、篠山藩は亀岡までの出兵を詰問され、黄金100枚を寄贈しました。
福原鉉吉郎以下50名の藩士は、篠山城を検分した参謀小笠原峯之助に従って宮津へ赴き、恭順の実を示しました。
幕末維新史事典より


JR福知山線篠山口駅からバスで15分です。
篠山口駅を降りて、郵便局の前の道(県道299)を東吹交差点まで歩きます。
そこから県道306を東へ2.5㎞、消防署を過ぎた交差点を北へ曲がり市役所を目指すと、手前に篠山城跡があります。
駅から約4㎞でしょうか。

地図上では、丹波大山駅でも同じ様な距離に思えますが、大阪からJR福知山線で行く場合、篠山口行き(篠山口止まり)が多いので、篠山口から歩く方が楽だと思います。
福知山行きに連絡している電車もありますが。

2008年の桜の季節に行ったのですが、桜が綺麗でした。
篠山藩は禁門の変の時、蛤御門に堺御門を警衛していたのですね。
蛤御門といえば、会津藩に新選組も関係していたではないですか。
仲間だったのですか?
人数的には数少ない兵力だったのではないのでしょうか?
禁門の変で上げられるのは、薩摩藩・会津藩・桑名藩・大垣藩・新選組・遊撃隊あたりです。
篠山藩の名前をみた事が私はありませんでした。

今、篠山といえば、“田舎”という言葉が思い浮かんでしまいます。
特にJR福知山線は本数も少なく、私が子供の頃はディーゼル機関車でした。
車輌の入口も自分で開閉して、当時は2時間に3本ぐらいしか電車がなく、無人駅がほとんどだったので、そのイメージが焼きついています。
今でも、やはり大阪の梅田や難波などとは全く違いますよね。

都会の喧騒からは離れているといってもいいかと思うのです。
そんな場所にある藩でも、幕末には京都で戦いに参加したという事が不思議です。
情報伝達の発達していない時代なのに、全国津々浦々の藩に出兵の報が届いたのですね。
やはりどんなに小藩でも、藩主は江戸と地元で交互に暮らしたのでしょうか。
参勤交代ですね。

黄金100枚を寄贈したといいますが、これってお金で解決というやつですか?
江戸幕府も終わってますよね。
こんな幕府の為に、新選組は戦ったのでしょうか?


かね善 丹波の黒豆茶 10g×10かね善 丹波の黒豆茶 10g×10
()
不明

商品詳細を見る


2L 丹波 黒大豆使用 丹波特産黒豆煮520g2L 丹波 黒大豆使用 丹波特産黒豆煮520g
()
不明

商品詳細を見る


丹波篠山 名産
関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。