名古屋城-青松葉事件遺跡

2009年04月14日
名古屋城(愛知県名古屋市中区本丸1-1)の中にある、青松葉事件遺跡の碑です。
青松葉事件遺蹟1

青松葉事件遺蹟2  青松葉事件遺蹟3-1
慶応4年正月20日、二之丸御殿向屋敷の前庭で、尾張徳川家の三重臣が斬首され、いわゆる青松葉事件が始まりました。
昭和の初めに「青松葉事件之遺跡」碑が、ここから南へ約100mの処刑地跡に建立されましたが、その後所在不明となったので、ここに復元しました。

青松葉事件とは、、慶応4年1月20日から25日にかけて発生した尾張藩内での佐幕派弾圧事件です。
弾圧の対象者は重臣から一般藩士まで及び、斬首14名、処罰20名。
それまで京都で大政奉還後の政治的処理を行っていた14代藩主徳川慶勝が帰国し、その日のうちに弾圧の命令が出ていることから、何らかの密命を朝廷より下されたと思われますが、真相はいまだにはっきりしていません。

事件名は、処刑された重臣のうちの筆頭格である渡辺在綱の家が「青松葉」といわれていたことからです。
渡辺家はもともと徳川家康の家来で「槍の半蔵」の異名を取った渡辺半蔵守綱の末裔ですが、鉄砲にも興味を持ち、その鋳造に用いる火を起こすのに青松葉を使ったとか、知行地から年貢を受け取るとき、青松葉を俵に挿して数えた、などという逸話が多いことから「青松葉の渡辺」といわれていたようです。
Wikipediaより


慶応4年、まさに幕末維新時の事件です。
京都でも江戸でもなく、各藩でもこうして事件が起こっていたと、改めて思いました。
どうしても幕末の舞台は、“京都”や“江戸”を思い浮かべてしまいます。
それでも各々が、日本全国で佐幕、勤王、攘夷、開国が複雑に絡みあって、いろいろな意見がぶつかりあっていたのですね。

佐幕、勤王、攘夷、開国が本当に色々な組み合わせで、歴史を作ろうとするので、複雑すぎて実はちゃんと理解していないかもしれません。
個人、個人をきっちり見ると、対極にいるようでも重なる部分があったりしそうです。
それぐらい幕末の思想は複雑に入り組んでいると思います。

実際に事件に関係した処刑地は、ここから南へ100mほど行った場所のようですので、そちらも写真に撮った方がよかったのかもしれません。
せっかく復元されるのであれば、処刑地跡にもう一度復元してくれるとよかったのに。

この時ではないのですが、名古屋付近を通り抜けた時、高速道路の幅の広さにビックリしました。(高速道路ではなく、一般道の高架だったのかもしれません。)
太い支柱の幅の広い道路が、縦横無尽に走っている…、そんな感じでした。
愛知県の景気がいいと聞いていた頃だったので、愛知県の経済力に呆気に取られていました。


豚肉の味噌煮込み豚肉の味噌煮込み
()
不明

商品詳細を見る


爆発的1480シリーズ 電車でGO! 名古屋鉄道編 (新パッケージ版)爆発的1480シリーズ 電車でGO! 名古屋鉄道編 (新パッケージ版)
(2007/04/13)
Windows

商品詳細を見る


青松葉事件
関連記事
Comment

管理者のみに表示