黒谷墓地-今井太郎右衛門

2008年04月13日
今井太郎右衛門(いまいたろうえもん) 1824-1877
今井似幽・大黒屋とも。
imaihaka888.jpg
長州藩尊攘派。
国学者似閑の後裔であるため似幽と号しました。
代々長州藩の半座用達を勤めて京都に住みましたが、吉田松陰から強い影響をうけていました。
安政・文久年間、諸藩の志士に自邸を密会場所として提供していました。
桂小五郎を支援していました。
元治元年禁門の変には兵站を受け持ちましたが、家は類焼し丹波に逃れました。
維新以後は志士先賢の遺芳を集めることに専念し古聖堂と名づけました。
幕末維新人名事典より

山崎闇斎の墓を左に見て、さらに直進します。
右に道が曲がっていますが、その辺りにあります。

円柱形のお墓で、今井似幽墓とはっきりと刻まれています。

関連記事
Comment

管理者のみに表示