スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寺田屋-補遺

2009年03月05日
寺田屋(京都府京都市伏見区南浜町)に建つ、寺田屋騒動碑です。
寺田屋騒動碑310
寺田屋旅宿は、維新前は東方に建っていました。
当時は舟宿で、女将とせの世話好きと、義侠心に助けられた志士は少なくありません。

文久2年4月23日夜、薩藩の急進派有馬新七以下35名が、関白所司代を血祭りにあげ、攘夷断行をしようと寺田屋に集まりました。
藩主久光は奈良原喜八郎以下鎮撫の者をつかわしましたが、屋内階下の乱闘となり、新七以下9名が死亡、鎮撫使側では道島五郎兵衛が斬死しました。
寺田屋騒動といいます。

後に龍馬もここで幕吏に襲われました。
写真でみる維新の京都より


龍馬とお龍とお登勢との話での方が、広く知られているかもしれません。
観光で来られる人のほとんどは、“龍馬”の史跡として来られているでしょう。
そして「寺田屋騒動って何?」と思われるのではないですか。
今は、NHK大河ドラマ「篤姫」の後なので、寺田屋騒動も知られたとは思います。

この騒動で亡くなった9名のお墓が、大黒寺(2009年1月29日の記事を参照してください)にあります。


幕末京都血風録 (PHP文庫)幕末京都血風録 (PHP文庫)
(2007/11/01)
津本 陽火坂 雅志

商品詳細を見る


寺田屋
関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。