スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長州藩伏見藩邸跡

2009年03月03日
長州藩伏見藩邸跡(京都府京都市伏見区京橋表町)です。
長州伏見藩邸跡1  長州伏見藩邸跡2
毛利父子並びに七卿の復権の歎願を続けた長州藩も、朝廷との間に幕府・会津・薩摩の妨害があるため、ついには兵力をもって解決しようとしました。

元治元年7月、福原越後は伏見藩邸に入り、同18日深夜、武装した兵500とともに京へ進軍しました。
伏見街道を守る大垣藩兵に阻止され、竹田街道からの会津・桑名・
新選組に攻められ、福原は負傷落馬、藤森の彦根兵に追撃され、長州藩邸に戻りました。
勝ちに乗じた彦根他の連合軍は、京橋際から長州藩邸を砲撃しました。
このため藩邸は炎上、民家34、35戸も類焼しました。
写真でみる維新の京都より


京阪電鉄中書島駅を降りて、左の道を北へ歩くと150mも行かないあたりに、京都市伏見土木事務所の建物があります。
そこが長州藩伏見藩邸跡です。
あと少し真っ直ぐに進むと、京橋になります。

京都市伏見土木事務所の玄関横に、碑が建っていました。
これは長州藩伏見藩邸跡を示すものではなく、古い道標です。
いつの道標かは見られませんでした。
藩邸は焼失してるので、それ以降のものなのかもしれないです。

京橋から長州藩邸に砲撃したのも頷けます。
近い!
200m程だと当時の大砲でも楽々届いたのでしょう。
持久力の無い私でも走れそうです。

長州藩は京橋に大変近い場所に藩邸があったのですね。
それだけ便利な地に藩邸があるというのは、物資の輸送も多く、栄えていた証拠なのかもしれませんね。


[山口]夏柑シフォン[山口]夏柑シフォン
()
不明

商品詳細を見る


萩観光
防府市 観光
山口市 観光
関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。