悟真寺

2009年02月28日
悟真寺(京都府京都市伏見区榎町)は、天正3年、月公上人の開基による浄土宗の寺です。
悟真寺1

悟真寺2  悟真寺3
       戊辰之役東軍戦死者之碑

門前左に“東軍戦死者埋骨所”の標石があります。
本堂前には、“戊辰之役東軍戦死者之碑”が建っています。
榎本武揚書、十七日会建立のもので、当寺内の埋骨地が二ヶ所あることを示しています。
本堂裏手墓地内東中央辺に1基、西北端近くに1基、ともに戦死者埋骨の場所です。
将兵64名が葬られいます。
西北の碑の傍らには、会津稲生新助47歳、柴宮八三郎43歳の墓が建てられています。
写真でみる維新の京都より


京阪電鉄および近畿日本鉄道丹波橋駅からだと、京阪丹波橋駅の北側の丹波橋通りから歩きます。
丹波橋通りを西へ歩いていると、丹波橋が架かっているので渡ります。
橋を渡り3本目の道を北へ曲がります。
(京都中央信金があるのが4本目です)
北へ300m行くと、東側角にあります。

周りにあまりお寺がないので、わかりやすいと思います。
こんなところに埋骨されているのか。と思いました。
当時はこの辺り一帯が鳥羽伏見の戦の地だったのでしょう、しかし現在はこの辺りは住宅地で、城南宮付近や御香宮付近とも離れているので、今ひとつピンッと来ませんでした。
地図を見ると、城南宮と御香宮のちょうど中間あたりです。

埋骨地が2ヶ所もあるそうです。
64名もの人がこの地で眠っているのですが、64名の氏名は記録されているのでしょうか?
名も無き戦死ということなのでしょうか。
会津の稲生、柴宮という2名のお墓が別にあるというのは、この2名だけ氏名が判っていたので、別にお墓が建てられたという事を意味するのでしょうか?

墓地の埋骨地までお参りさせて下さいと、尋ねるのも躊躇われたので、門から見える戊辰之役東軍戦死者之碑のみ見て帰りました。

新選組永倉新八のひ孫がつくった本 (柏艪舎ネプチューンノンフィクションシリーズ)新選組永倉新八のひ孫がつくった本 (柏艪舎ネプチューンノンフィクションシリーズ)
(2005/10)
杉村 悦郎杉村 和紀

商品詳細を見る
関連記事
Comment

管理者のみに表示