渡月橋

2009年02月24日
嵐山の観光スポットの一つ、桂川に架かる渡月橋(京都府京都市右京区および西京区)です。
渡月橋
承和年間に僧、道昌が架橋したのが始まりとされていて、現在の位置には、後年に角倉了以が架けたとされています。

現在、橋脚は鉄筋コンクリート製ですが、欄干部分は景勝地である嵐山の風景にとけ込むよう木造となっています。

亀山上皇が、橋の上空を移動していく月を眺めて
「くまなき月の渡るに似る」と感想を述べたことから渡月橋と名付けられました。
Wikipediaより


阪急電鉄嵐山線嵐山駅から真っ直ぐ北へ歩くと、桂川に出ます。
そこに架かる橋が渡月橋です。
あるいは、京福電鉄嵐山線嵐山駅からだと、駅を出て南にまっすぐ進むと、渡月橋に至ります。

嵐山をバックに渡月橋が写った写真はよく目にすると思います。
嵐山というは、この付近一帯の場所の名前かと思っていましたが、嵐山という山があります。
381.5mの山ですが、意外と登ったことがある人は少なくないですか?
モンキーパークなどもありますが、私は猿が怖いのであまり登りたいと思えません。
大阪府箕面市の有名な猿に追いかけられ掛けた事があって、それ以来野生の猿は苦手です。

春は桜、秋は紅葉が有名です。
その時期は綺麗ですが、人も多いので、史跡巡りがメインなら時期を外すのがいいかもしれません。
せっかく遠くから来られるのなら、綺麗な景色も必要ですね。


嵐山 観光
関連記事
Comment

管理者のみに表示