枳殻邸

2009年02月08日
東本願寺の東方に枳殻邸(京都府京都市下京区間ノ町通正面東)があります。
枳穀邸
文久3年2月11日、一橋慶喜の宿所枳殻邸へ、三条・野宮・阿野・橋本・豊岡・滋野井・正親町・姉小路の八公卿が、「攘夷期限を定めよ」との勅諚を持って訪れ、慶喜とともに待つ松平春嶽・松平容保・山内容堂に迫りました。
幕府側は徹宵協議の末、上洛を終えた将軍が江戸へ帰り着いた後、二十日目をその日とするとの上答書を差し出しました。

枳殻邸は正式には「渉成園」といい、寛永18年家光より寄進の鴨川沿いの地に、東本願寺13世宣如上人が隠居所として建設した百間四方の屋敷で、石川丈山が作庭した庭には、高瀬川やお土居も取り込まれました。

そのほとんどが失われましたが、屋敷の周囲に植えられた枳殻(からたち)の木が、邸の呼び名となりました。
写真でみる維新の京都より


JR京都駅、京都市営地下鉄烏丸線京都駅、近畿日本鉄道京都駅から、烏丸通を北に行きます。
東本願寺の山門前まできたら、東本願寺と反対方向の東に曲がります。
突き当りが枳殻邸です。
もしくは、京阪電鉄七条駅から七条大橋を渡り七条河原町交差点を北に曲がると、100mほどで枳殻邸の南東隅に着きます。

“枳殻邸”を何と読むのかわかりませんでした。
“きこくてい”と読みます。
“きこく”とは何ぞや?と次の疑問に当りました。
“からたち”のことです。
からたちの咲く屋敷ですね。

この場所に、慶喜、春嶽、容保、容堂が勢ぞろいしたことがあるのです。
すごいですよね!
見てみたかったです。
現在のように、録画・録音技術が発達していれば、誰かが写真を撮ったりビデオをまわしていた可能性があるのに…。

4人の力関係や友好関係など、垣間見ることが出来そうです。
ビデオなら声までOKなのにね。
想像すると、本当に残念になって来てしまいました。


最後の将軍―徳川慶喜 (文春文庫)最後の将軍―徳川慶喜 (文春文庫)
(1997/07)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る


徳川慶喜家の食卓 (文春文庫)徳川慶喜家の食卓 (文春文庫)
(2008/06/10)
徳川 慶朝

商品詳細を見る



からたち 写真
関連記事
Comment

管理者のみに表示