スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泉涌寺

2009年01月16日

高台寺党のお墓があるのが、泉涌寺(京都府京都市東山区今熊泉山)の山内の戒光寺墓地です。
泉涌寺1186  泉涌寺2187
御寺(みてら)と呼ばれ、古くから皇室の香華院として知られています。
鎌倉初期の建暦元年に宋から帰った俊芿の再建に成り、以来興亡がありましたが信長による再興、後水尾上皇の院旨に基づく復興により、今日に至ります。

泉涌寺の歴代御陵、四条天皇月輪陵に始まり、後水尾天皇から仁孝天皇に至る、25陵5灰塚9墓の後月輪陵には、天皇・皇后・親王等が葬られました。
孝明天皇の後月輪東山陵、英照皇太后の後月輪東北陵も営まれました。
写真でみる維新の京都より


JR奈良線や京阪電鉄の東福寺駅を降りると、矢印があちらこちらに出ています。
方向としては、駅から東になります。
ここでゴチャゴチャ書くよりも、現地の矢印に従うほうがスムーズなはずです(笑)

泉涌寺道の交差点から入って行くと、総門を入ったあたりに戒光寺墓地があります。
建物でいえば、即成院があります。
那須与一墓所だそうです。
私はまだ、前を通っただけです。
その奥が戒光寺です。
さらに東に足を進めると、車止がある所であちらこちらに分岐しています。
一番大きな道を進むと、泉涌寺本坊に着きます。

御寺と呼ばれるだけあって広い境内ですが、山内にほとんど建物はありませんでした。
高い木が多くて、覆いかぶさっている感じがした記憶があります。
静かな場所でした。

新選組だけでなく、長州、土佐、薩摩などの人たちも、こういう静かな場所で一時的でも、気持ちを和らげることが出来ていたらと希望を持ってしまいます。


新版 古寺巡礼京都〈27〉泉涌寺新版 古寺巡礼京都〈27〉泉涌寺
(2008/10)
上村 貞郎芳賀 徹

商品詳細を見る
関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。