三条小橋

2009年01月20日
三条小橋(京都府京都市中京区中島町)。
三条小橋1

“三条小橋”といえば、池田屋と続きます。
これは池田屋近くから、三条大橋方面を向いて撮った写真です。

この橋の所に、「佐久間象山・大村益次郎 遭難之地 北一丁」の案内が建っています。

新選組は池田屋事件の時に、この三条小橋を渡ったでしょう。
戦いの終焉には、残党を探してこの橋の周辺も探索したに違いありません。
ただ、沖田総司は病で離脱していたかもしれません。

血のついた刀を持った隊士が、血眼になって走り回っているのです。
さすがに私も、家の中からこっそりと覗くぐらいしか出来ないです。

映画やテレビの時代劇でみるチャンバラと、実際の戦いでは全く違うのでしょうか。
やはり映像のような情景だったのでしょうか?
関連記事
Comment

管理者のみに表示
« 中村屋跡 | HOME | 三条大橋 »