新選組&幕末 ばんざい!!

新選組を中心に歴史の舞台を巡ります

Entries

角倉了以邸跡

大村益次郎遭難之地を越えて北に向かうと、高瀬川一の舟入と書かれた石碑の近くに角倉了以邸跡(京都府京都市中京区河原町通二条下ル東側)があります。
角倉了以邸跡
角倉了以は、吉田光好といい、江戸初期の豪商で嵯峨を本拠として、朱印船貿易、河川疎通事業、鉱山開発等に成果を上げました。

彼と息子素庵の完成した高瀬川の起点、二条木屋町の傍らに広大な屋敷を構え、代々役宅として使用していました。
維新後は府の所有となり、英語学校・織殿・画学校などが設けられました。
これらが移転・廃止された後、明治16年、民間に払い下げられ、現在は日本銀行と銀行会館が建っています。
写真でみる維新の京都より

大村益次郎遭難之地を越えて、約60mの所に高瀬川が分岐している場所があります。
そこが高瀬川一の舟入の碑の場所で、その横の広い土地が角倉邸跡です。

私が訪れた時は、その道を挟んだ向かい側の“がんこ”の前に、角倉邸跡の碑がありました。
実際ここは、“樋ノ口屋敷”だそうです。
写真は樋ノ口屋敷前に建つ、角倉邸跡の碑になりますね。

高瀬川といえば…。
森鴎外の「高瀬川」を思い浮かべませんか?
高校生ぐらいの頃に読んだ記憶はありますが、内容はハッキリと思い出せません。
ただ高瀬川をいく舟に、船頭さんと男と主人公の3人が乗っている絵を見た記憶があります。
そんな話だったような…。
その話の舞台が、この高瀬川です。
舟を浮かべるだけの水量がないようなのですが、これは当時と今との違いでしょうか?

この先、この“がんこ”の北隣が、神山左多衛郡廉邸跡になります。
さらにその北側(神山邸前)が、島田左近殺害の地善導寺があります。


京都 高瀬川―角倉了以・素庵の遺産京都 高瀬川―角倉了以・素庵の遺産
(2005/08)
石田 孝喜

商品詳細を見る


高瀬舟    集英社文庫高瀬舟 集英社文庫
(1992/09)
森 鴎外

商品詳細を見る



森鴎外 高瀬舟
角倉了以
関連記事
  • [No Tag]

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。

トラックバック

トラックバックURL
http://miburou.blog103.fc2.com/tb.php/509-73572cc6

左サイドメニュー

My bookshelf

kamaboko

Author:kamaboko
新選組と幕末だらけの本棚
実は二重になっているので、
後ろにも本棚が…。

Basic Calendar

<06 | 2018/07 | 08>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー

Useful information

Let's go for a trip

国内最大級の旅行予約サイト【楽天トラベル】                               旅行の大バーゲン!格安旅行満載の阪急交通社                          オンライン予約・決済可能な日本旅行「赤い風船」国内宿泊                             スーツケースレンタル・トラベルグッズなら【アイレンタル】

Google Search

カスタム検索

Comrade

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ ブログランキング・にほんブログ村へ

ブロとも申請フォーム