源氏物語 宇治十帖-夢浮橋

2008年11月28日
源氏物語 宇治十帖 夢浮橋古墳(京都府宇治市宇治蓮華 宇治橋西詰)

夢浮橋1109  夢浮橋2110  (1992年)


夢浮橋3  夢浮橋6

夢浮橋4  (2008年)

のりのしと たづぬるみちを しるべにして
       おもはぬやまに ふみまどうかな

薫は横川僧都から浮舟であることを確かめました。
僧都に浮舟との仲介を懇願し、仏罰をおそれつつも消息をしたためてもらいました。
薫一行の来訪を知りつつ、浮舟はひたすら阿弥陀仏を念じました。
薫は自分の文に僧都のそれを添えて、浮舟の弟小君を訪ねさせました。
浮舟の心は乱れましたが、心強く逢うことを拒みます。
薫は誰かが浮舟を隠しすえているのかさえ、疑うのでした。
古典を歩く(2)源氏物語より


現在は、宇治橋西詰にありますが、以前はその向かい側のお店の前にありました。
関連記事
Comment

管理者のみに表示