スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

源氏物語 宇治十帖-手習

2008年11月28日

源氏物語 宇治十帖 手習古墳(京都府宇治市莵道田中)

手習108  (1992年)


手習2  手習3

手習4  (2008年)

みをなげし なみだのかわの はやきせを
       しがらみかけて たれかとどめし

横川にはなにがしの僧都と呼ばれる名僧がいました。
その僧の母尼と妹尼が長谷詣の帰途、母尼が宇治で倒れ、僧都が駆けつけた折に、気を失った浮舟を発見しました。
妹尼は亡き娘の生まれ変わりかと驚きました。
僧都の懸命の祈祷により、浮舟は蘇生しました。しかし、素性は語りません。
妹尼の娘婿が尼たちのいる小野の地を訪れ、浮舟に一目ぼれします。
浮舟は尼たちが不在の時、僧都に請うて出家していまいます。
その後は手習三昧の日々を送ります。
内裏では女一宮の病で僧都が召され、そのついでに僧都は明石中宮に浮舟のことを話しました。
その話を伝え聞いた薫はさっそく横川に向かいました。
古典を歩く(2)源氏物語より

関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。