スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清浄華院-姉小路公知墓

2008年11月06日
姉小路公知墓は、清浄華院(京都府京都市上京区寺町通広小路上ル)にあります。
清浄華院2  清浄華院1

姉小路公知墓
  姉小路公知墓

清浄華院は、貞観2年清和天皇が禁裏内に創建し、天正13年に現在地に移りました。
本堂に清和・村上両天皇像、および歴代天皇の位牌を安置するなど皇室との関係が深く、墓地には江戸期の皇女の墓も多いです。

公卿は、山科言継卿、万里小路・正親町三条などの墓もあります。
写真でみる維新の京都より

京都御所の梨木神社の向かい側にあります。
姉小路公知卿が襲撃された猿ヶ辻からも近く、姉小路の屋敷があった辺りから、真っ直ぐ300mほどの所にあります。
皇室と関係が深かったというのを思わせるのが、1枚目の写真の門が重厚で付いている御紋ですね。

お墓は公家のお墓というので、もっと違ったものを想像していました。
形も特殊(?)なもので、もっと離れた場所に、特別にあるのかと思って行きました。
しかし、写真のように、ごく普通のお墓で、ごく普通に他のお墓と並んでいました。
よほどのお公家さんでないと、特別扱いではないようでした。

姉小路公知は25歳で殺されています。
若いですね。
25歳という年を知ってお墓にお参りすると、ちょっと切ない気持ちになりました。
もっとやりたい事がたくさんあっただろうな…なんて思ったりします。
関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。