天保山-三角点

2008年09月24日
天保山にはちゃんと三角点(大阪府大阪市港区築港3丁目)があります。

天保山跡2
この階段を上がり、下ったところが三角点です。

天保山三角点
天保山の三角点

天保山と大阪低山
大阪のその他の低山です。是非登ってみて下さい。

天保2年(1831年)から天保3年にかけて、船の航路を確保するために安治川の土砂を積み上げてできた山です。
当時、高さ約18m・周囲約180mで、裾地は約2kmでした。
幕府は目標(目印)山と名付けたが、庶民は天保年間にできた山なので、「てんぽうざん」と呼び、後
に正式名が「天保山」となりました。


天保山まで来たのですから、山登りしてみてください。
山登りといっても、山頂に行くには坂道を下ります。
三角点のある周りの方が高いので、山頂に行くには下らないといけません。
山頂から下山するときに、坂を登ります。
とっても変な気分ですよ。
思わず笑ってしまいます。
幼児からご年配の方まで、すべての方に優しい山です(笑)

近くのお店にいけば、登頂証明書を発行して頂けるようです。

この天保山には天保山山岳会があり、山岳救助隊もあるそうです。
まだ出動はないとか…。

是非一度、登頂制覇してみてください。


日本の低山
関連記事
Comment

管理者のみに表示