スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三浦啓之助墓

2008年08月06日
三浦啓之助の墓(愛媛県松山市祝谷東町442 鷺谷共同墓地)が松山市にありました。
幕末関係(松山) 
新選組食客で、長野県松代出生で父は佐久間象山です。
本名佐久間恪二郎。新選組入隊後、三浦啓之助と称しました。
明治4年に佐久間恪(いそし)と改名、松山では格(まさる)と記録にあります。
明治6年に町人の娘ますと結婚、同9年に男子継述(つぐのぶ)が生まれましたが、明治12年に没しています。ますは静枝と改名し、明治34年に没しました。

恪は司法省出仕四級判事となり、堂省大丞、象山門下で松代出身の渡辺驥の世話で、愛媛県司法省十二等出仕、県庁聴訴課付となりました。

明治8年末に単身赴任し、河内うたとの間に、娘小松が生まれました。
松山での仕事は、松山裁判所判事として仕事をしていたようですが、在職中に急逝しました。
死因は、大酒豪で、うなぎ料理による中毒死。
酒乱の果て庭の池に落ちた転落死、また明治10年松山地方に流行したコレラによる病死と、明確ではありません。享年29歳。

墓所も二ヶ所説があります。
1、愛媛県和気郡祝谷村鷺谷共同墓地
2、松山市祝谷東636 祝谷山常信寺
1、については、道後温泉鷺谷共同墓地ですが、台帳にはありません。
2、はお寺には墓は存在しませんが、鷺谷共同墓地の無縁墓地に拝み石塔として現存しています。
明治41年に没した、娘小松の墓も隣にあるといいますが、これは不明です。
新選組大事典より

という事で、道後温泉の裏(?)に行き、共同墓地は見つけました。
「新選組大事典」の墓の写真を参考に、お墓探しをしました。
しかし写真の通り、日も暮れて周りが見えないほどで、墓石に刻まれた名前を読み取る事が難しく断念せざる得ませんでした。

道後温泉という“超”が付くほど有名な温泉街の裏に、こんな場所があるとは思いませんでした。
確かに、私達は道後温泉に遊びに行きますが、そこで生活している人がいないと私達が疲れを癒しにいけません。
生活する方が居られるという事は、亡くなられる方も居られるという事ですものね。

三浦啓之助という人物は、あまり好印象はありません。
親のコネで入った、出来ない人物という印象です。
いつの間に、新選組から離れていました?

亡くなった死因も不明、墓も不明(拝み石塔はありますが)…やはりどこか、中途半端な人なイメージが拭えません。
ます(改名後静枝)さんとは、離縁していのですか?
もしかして、河内うたさんはお妾さん?
それとも今でいう不倫で娘が生まれました?
なんだか、何もかもはっきりしない人ですね~。

お父さんが偉大すぎました?


佐久間象山―幕末の明星佐久間象山―幕末の明星
(2004/04)
童門 冬二

商品詳細を見る
関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。