新選組&幕末 ばんざい!!

新選組を中心に歴史の舞台を巡ります

Entries

神道無念流 練兵館跡

斉藤弥九郎の創設した神道無念流剣術道場の練兵館跡(東京都千代田区九段北3)です。
北辰一刀流玄武館、鏡新明智流士学館とともに「江戸三大道場」と総称されました。
(しかしこの通称は後世の造語のようです。)
練兵館跡2 
神田俎橋にあったが火災で焼失し、九段坂を800mほど西上した三番町に道場を移しました。

甲良屋敷の試衛館に他流試合の申し出があると、錬兵館に助っ人を要請したそうです。
練兵館の門人らが役目を果たすと、近藤勇は礼として、酒一升と沢庵漬け一樽を贈呈したそうです。
錬兵館と試衛館の間は2㎞ほどあります。
距離的には無理な話ではありませんが、このエピソードも真偽は不明です。

その後、明治2年に至近に新設された九段招魂社の社域拡張にともない、練兵館は牛込見附に移転しました。斉藤弥九郎は維新後、新政府に出仕したのち、明治4年に没しました。
新選組史跡事典より

この碑は、靖国神社境内にあります。

試衛館に他流試合があれば、練兵館に助っ人を頼むというのは、小説でもよく読みます。
練兵館からみると、"試衛館ごとき"だと思うのですが、わざわざ助っ人に来てくれたというも、どこか前から引っかかっていました。
もしかしたら、練兵館を通してではなくて、"直の営業""バイト"として、誰かが行っていたのかも…。
これは私の現在の感覚での考えであって、当時はそんな事は考えもつかないことだったかもしれません。

練兵館跡の碑がある場所は、何もない木が多く立っている場所でした。
靖国神社の境内(?)にあるというのが、とても驚きでした。
靖国神社といえば、首相の参拝などが問題になっているのをニュースでみていたので、もっと特別な場所、もっと特別な雰囲気のある場所、警備も厳しくてピリピリしている場所だと思っていました。
普段は特別どうこうといった場所ではないようですね。

練兵館跡に足を止める人はほとんどいませんでした。
高杉晋作、桂小五郎(塾頭)、品川弥二郎らが門人ですから、もっと訪れる人も多いと思っていました。


剣狼―幕末を駆けた七人の兵法者 (新潮文庫 し 5-91)剣狼―幕末を駆けた七人の兵法者 (新潮文庫 し 5-91)
(2007/05)
菊池 寛

商品詳細を見る
関連記事
  • [No Tag]

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。

トラックバック

トラックバックURL
http://miburou.blog103.fc2.com/tb.php/204-86b7edb0

左サイドメニュー

My bookshelf

kamaboko

Author:kamaboko
新選組と幕末だらけの本棚
実は二重になっているので、
後ろにも本棚が…。

Basic Calendar

<05 | 2018/06 | 07>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー

Useful information

Let's go for a trip

国内最大級の旅行予約サイト【楽天トラベル】                               旅行の大バーゲン!格安旅行満載の阪急交通社                          オンライン予約・決済可能な日本旅行「赤い風船」国内宿泊                             スーツケースレンタル・トラベルグッズなら【アイレンタル】

Google Search

カスタム検索

Comrade

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ ブログランキング・にほんブログ村へ

ブロとも申請フォーム