スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寿徳寺境外墓地-近藤勇墓

2008年07月05日
寿徳寺境外墓地にある、新選組慰霊碑の向かって右側にある石が近藤勇の墓(東京都北区滝野川7-8-1)といわれています。
板橋新選組墓所4214
表面中央の梵字の下に「勇生院頭光放運居士」と勇の戒名が刻まれています。
その下に「近藤勇宜昌」(宜昌は昌宜の間違い)の俗名、右には「慶應四戊辰年四月二十五日」と命日が刻まれています。

昭和4年に墓地改修される以前に撮影された写真には、このお墓は写っていません。
いずれかの場所から移された物と考えられます。
新選組史跡辞典


当時は、石碑や墓石などは側面と裏面&その周辺も大事という事がわかっていませんでした。
今は禁止の場所で無ければ、裏に回って何か記載が無いか見てしまいます。
この時は、目に入ったので写真を撮っていました。
それが今になって、大事だったとわかり、「当時の私、ありがとう。」という感じです。

もともと石には銘が刻まれなく、後に刻まれたという事なので、近藤さんとは全く関係のない石が置かれていたのかもしれません。

近藤勇白書 (角川文庫)近藤勇白書 (角川文庫)
(2006/04)
池波 正太郎

商品詳細を見る
関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。