新選組&幕末 ばんざい!!

新選組を中心に歴史の舞台を巡ります

Entries

伝通院-壱

伝通院(東京都文京区小石川3丁目14-6)は、無量山伝通院寿経寺といい、徳川家康の母於大の菩提寺として知られています。
伝通院6

伝通院3
浪士隊結成の処静院跡の石柱

伝通院4  伝通院5処静院跡の石柱
文久3年2月8日、浪士隊は伝通院塔頭処静(所浄)院に集合後、京都へ向けて出発しました。
処静院の細谷琳瑞和尚は公武合体論者で、山岡鉄舟や高橋泥舟などとも交流があったそうです。

伝通院門前(南隣)には福寿院(大黒天)があり、処静院はその北にあったといわれていますが、江戸切絵図や明治20年頃の地図では西隣に記されています。
処静院は火災に遭い、廃寺となっています。
新選組大事典より

“でんつういん”と思っていたら実は“でんづういん”でした。

ここでの浪士隊集合がなければ、新選組は生まれなかったはずです。
清河八郎はここで、集まった浪士を見て野望を抱いたのでしょうか?
近藤勇や沖田総司、土方歳三、井上源三郎、藤堂平助、永倉新八、原田左之助、斉藤一たちは、大きな夢を抱いていたのでしょうか?
芹沢鴨や新見錦、平間重助、平山五郎は何を抱いて集まったのでしょうか?
そしてその他の浪士達は…。


小石川といえば、最初に連想するのが“小石川療養所”。
時代劇の見過ぎですね。
TBSでやっていた「大岡越前」の小石川療養所が真っ先に思い浮かびます。
医師は竹脇無我さんの“伊織先生”です。

東京ドームが近いのですね。
関西人の私には、東京ドームは珍しかったです(笑)
甲子園は身近なのですが…。

関連記事
  • [No Tag]

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。

トラックバック

トラックバックURL
http://miburou.blog103.fc2.com/tb.php/147-583e1e4d

左サイドメニュー

My bookshelf

kamaboko

Author:kamaboko
新選組と幕末だらけの本棚
実は二重になっているので、
後ろにも本棚が…。

Basic Calendar

<05 | 2018/06 | 07>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー

Useful information

Let's go for a trip

国内最大級の旅行予約サイト【楽天トラベル】                               旅行の大バーゲン!格安旅行満載の阪急交通社                          オンライン予約・決済可能な日本旅行「赤い風船」国内宿泊                             スーツケースレンタル・トラベルグッズなら【アイレンタル】

Google Search

カスタム検索

Comrade

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ ブログランキング・にほんブログ村へ

ブロとも申請フォーム