新選組&幕末 ばんざい!!

新選組を中心に歴史の舞台を巡ります

Entries

勝海舟邸跡-壱

東京で史跡巡りをしたなかで、あまりに怖くて忘れられない場所が勝海舟邸跡(東京都港区赤坂6-10-39・40付近)です。
勝海舟邸跡1  勝海舟邸跡2
この場所は、慶応4年4月1日に、新選組が流山へ転陣。
3日に近藤勇が投降、捕縛された後、土方歳三が勇の助命を頼む為訪れた勝海舟邸です。
海舟日記にも「土方歳三来る。流山顛末を云う。」と記されています。
現在の氷川神社の裏辺りになります。

海舟は弘化3年、本所から赤坂田町。
さらに安政6年、同じく赤坂氷川に転居しています。
新選組大事典より


何が怖かったか…。
別に勝海舟が怖いわけでも、海舟の幽霊が出たわけでもありません。
写真には写っていませんが、ここにカラスの大群がいたのです。
それも10、20ではききません、40…50…羽はいたのではないでしょうか。
塀の上に一列にぎっしり…、さらには木にもぎっしりととまっていました。

そのカラスの群れの中を通り抜けないと、氷川神社方面にいけなくて、いつ襲われるかとビクビク、ヒヤヒヤしながら通り抜けたのは忘れれらません。

土方さんが訪れたという勝海舟邸は、私がイメージする東京都港区赤坂という場所とは違いました。
ひっそりとした、違う雰囲気の場所でした。

この辺りを、土方さんは近藤さんの助命という、大きな使命を背負って歩いたのです。
もしかしたら悲壮感が漂っており、いつもの土方歳三とは思えない表情だったのかもしれません。
それとも、死を覚悟して任務をこなしてきた者には、悲壮感というものは無かったのでしょうか?


氷川清話 (講談社学術文庫)氷川清話 (講談社学術文庫)
(2000/12)
勝 海舟

商品詳細を見る
関連記事
  • [No Tag]

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。

トラックバック

トラックバックURL
http://miburou.blog103.fc2.com/tb.php/141-1e62a82f

左サイドメニュー

My bookshelf

kamaboko

Author:kamaboko
新選組と幕末だらけの本棚
実は二重になっているので、
後ろにも本棚が…。

Basic Calendar

<05 | 2018/06 | 07>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー

Useful information

Let's go for a trip

国内最大級の旅行予約サイト【楽天トラベル】                               旅行の大バーゲン!格安旅行満載の阪急交通社                          オンライン予約・決済可能な日本旅行「赤い風船」国内宿泊                             スーツケースレンタル・トラベルグッズなら【アイレンタル】

Google Search

カスタム検索

Comrade

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ ブログランキング・にほんブログ村へ

ブロとも申請フォーム