東郷池

2017年07月17日
東郷池(鳥取県東伯郡湯梨浜町)

東郷池1

東郷池2  東郷池3

周囲12kmほどの汽水湖。東郷湖ともいう。
鉢伏山から見ると鶴が羽を広げて飛んでるような形に湖が見えることから「鶴の湖」ともいわれます。
長さ2kmほどの橋津川を通じて日本海につながっており、シジミが獲れる。池の中央付近の湖底からは温泉が湧くという全国でも珍しい池であり、湖畔にははわい温泉と東郷温泉があります。
また、冬には池から湯気が立つ神秘的な風景も見られることがある。
古くは入江であり、砂の堆積により海と隔てられて潟湖になったと考えられている。北側の海との間にある丘陵・馬ノ山には馬ノ山(橋津)古墳群があり、当地の港を支配した豪族のものといわれる。
鎌倉時代の正嘉2年に描かれた東郷荘絵図にはほぼ現在のものと同じ様子が描かれています。
Wikipediaより



写真は早朝。
湖畔を散歩していると、湖に船がたくさん出ていました。
船が通ると、波が寄せてきてそれもまた風情でした。

朝は人も少ないのでゆっくりと散歩できます。









関連記事
Comment

管理者のみに表示