忍びの国 再び

2017年07月11日
由良台場跡行く前に少し寄り道を…。

今日、再び“忍びの国”を観ました。
パンフレットとかを読んだ後に記事の内容を確認したくて、またまた行ってしまいました。

そこで驚いたのは、前回7月3日より満員だった事!
今日は火曜日でレディースデーではあったのですが、夏休み前の平日一番上映の回なのに、7~8割がた席が埋まっていました。
公開直後でもないのに…。
すごい!!


やっぱり大野さんは恰好良い!
改めて思いました。
やる気のない時の姿もいいですし、終盤のキリッとした顔つきもやっぱり素敵ですね。
お国に尻に敷かれている場面は、本当に自然(笑)

映画のキャンペーンも終わって、またいつもの寡黙でホワワァ~ンとしたリーダーをバラエティ番組で見かけるのが中心となりますが、チャンスがあればまた映画を観たいです。





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

忍びの国 オリジナル脚本 [ 和田 竜 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/7/11時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【新品雑誌】【クリックポスト発送】an・an 2017 7/5号
価格:550円(税込、送料別) (2017/7/11時点)



関連記事
Comment

管理者のみに表示