統率者

2017年01月05日
この年末年始に統率者について少し思うことがありました。
統率者って…まあ、リーダーについてです。

歴史から少し離れる話からになります。

年末に解散したSMAPのリーダー中居さんが前に話をした内容を知りました。
「TOKIOの城島くんと、V6の坂本くんは、グループ内でもリーダーってよばれているよね。俺はリーダーなんて呼ばれたことはない。」
というような内容でした。
その時に、そういえば「城島くん」とか「城島さん」「茂くん」と呼ばれているのはほぼ聞いたことがないな~。
V6はわからないのですが、嵐の大野くんもリーダーって呼ばれているな。
と、ふと思ったのです。

その後、紅白をみました。
相葉くんが最後に嵐として歌を歌っている途中に泣いてしまうシーンがありましたね。
それはそれで私は感動したのですが、気づいた大野くんが歌いながらも、しっかりと相葉くんを精神的支えていたように思います。
何度も相葉くんの方を窺っていましたよね。
本当はすぐに手を差し出してあげたそうにも見えました。
そして最後には背中に手をまわして心身ともに支えてあげる姿に、すごく感動してしまいました。
リーダーとしてちゃんと他のメンバーをみているのですよね。
もちろん他のメンバーも相葉くんを気遣っているのが感じられました。

翌日はDASHでリーダーのチャレンジを全員でサポートするTOKIOの姿を見ました。
他のメンバーが自然と自分のするべきことを見つけて、サポートするのはそれだけリーダーが慕われているという事ではないでしょうか。
TOKIOはDASHで毎週、絆をみているので当たり前になっていたのですがね。

この2つのグループのリーダーを見て、本当に他のメンバーから慕われて、尊敬されているんだろうなと思いました。
テレビの中ではちょっと頼りないリーダーって感じで出ていますが、本当は皆をきちんと引っ張っているのだと改めて思いました。
慕われ、尊敬されるリーダーのいるグループはきっと、大丈夫でしょう。
個々の活動が増えて、グループとしての活動が減っても、根底で繋がっていけるのだと思います。
この2グループはメンバー同士もちゃんとつながっていて、仲がいいという感じが伝わります。


そう考えると、新選組のリーダーはどうだったのか?
新選組のリーダーといえば、局長の近藤勇ですね。
では近藤勇にTOKIOや嵐のリーダーのような統率力があったのか?
そういわれるとピンっときません。
新選組を引っ張っていたのはどうしても、土方歳三ってイメージがわいてしまいます。
そして土方歳三は、引っ張っていくというよりも、力で支配…ついていく人が少ないでしょうね。
もちろん時代背景も何もかも違いますが、リーダーって重要な要なんだと改めて認識しました。

阪本龍馬もそう考えると微妙なところ…。
リーダーがコロコロ変わることで、幕末には明確なリーダー像がないのかもしれません。

そういう意味では、戦国時代の戦国大名が現在のリーダーに近い気がします。





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 Japonism(2CD) /嵐 【中古】afb
価格:1000円(税込、送料別) (2017/1/5時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[CD] 嵐/All the BEST! 1999-2009(通常盤/2CD)
価格:2443円(税込、送料別) (2017/1/5時点)


関連記事
Comment

管理者のみに表示