スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士山&駿河湾夕景

2016年11月04日
富士山を見ながら、白糸の滝を離れました。

富士山

駿河湾夕日

沼津市を目指しながら、富士山を何度も探してしまいます。
やっぱり富士山は特別な何かがありますよね。

沼津に行く途中に“田子の浦”の看板を発見。
あの田子の浦ではないですか。

田子の浦にうち出でてみれば白妙の富士の高嶺に雪は降りつつ
  山部赤人

田子の浦と聞いて、この一首がパッと浮かびました。
今まで、この句を聞いてもあくまでも想像でしかなかったのですが、こんな感じで富士を見たのかと思えました。
その場所に行ってみると、詠み人に近い感覚で句を感じられると思うのは私だけですか。
夏だったので、富士の高嶺に雪は降っていなかったのが残念でした。


夜は、敦賀湾に沈む夕日を見ることができました。
見るのなら、私は朝日より夕日の方が好きです。
哀愁を感じる?
その後の星空もきれいですよね。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小倉百人一首 [ 田辺聖子 ]
価格:702円(税込、送料無料) (2016/11/3時点)







[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

任天堂 百人一首 特選(変体仮名)
価格:27540円(税込、送料別) (2016/11/3時点)



関連記事
Comment

管理者のみに表示
« 富松城跡 | HOME | お鬢水 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。