信長さまはもういない

2016年10月05日
少しハマっている戦国時代。
信長さまはもういない”(著 谷津矢車)を読みました。

戦国は“信長協奏曲”からの縁なので、織田信長&帰蝶の次には、信長家臣団が興味があるのですが、その中でも信長協奏曲で信長と切っても切れない家臣だった、池田恒興に興味がありました。
しかし、筆頭家老の柴田勝家や、丹羽秀長、加賀藩主になる前田利家に、知らない人がいないほどの有名人豊臣秀吉はいくらでも小説などがあります。
佐々成政は近くにお墓があるのでまあ身近?

でも池田恒興は歴史専門書では出てきますが、小説で陽の目を見ることがなさそうです。
息子の池田輝政の方がウンっと有名な気がします。


ある日、新聞広告で目にした本の題名が“信長さまはもういない”です。
織田信長か…。
と興味があり、あらすじを見てみると、池田恒興の名前が…。
どうやら主人公のようです!

早速読んでみました。

以下はあくまでも私の個人的な、戦国時代をよく知らない人間の感想です。

テレビや映画では、ほぼ家臣団の中心にいた恒興です。
信長の次に指図をするような家臣筆頭でした。

この本では、自分で物事を決められない、冴えない恒興でした。
嫡男もしかり。
信長も特に頼りにしているふうでもなく、テレビや映画とは180度違う恒興でした。
私としては、信長協奏曲から入ったので正直ショックでした。

戦国が好きで、歴史的事実をよく知っているひとからすると、当たり前の事かもしれないですね。

ただ、池田恒興が主人公というのはすごく稀なことだとしりました。
確かに、池田恒興の名前は今回初めて知ったというのが本当の所ですからね。
実際の信長と恒興の関係はどうだったのか、すごく興味があります。
またいつか調べられるといいなと思います。





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

信長さまはもういない [ 谷津矢車 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2016/10/5時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ドナ・ビボラの爪(上) [ 宮本昌孝 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2016/10/5時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

帰蝶 [ 諸田玲子 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2016/10/5時点)





関連記事
Comment

管理者のみに表示
« 白糸の滝 | HOME | 音止の滝 »