伊佐具神社

2016年06月18日
伊佐具神社(兵庫県尼崎市上坂部3丁目25-18)に、有名な武将のものといわれるお墓があるなんて知りませんでした。

伊佐具神社5  伊佐具神社4

伊佐具神社1
    伝赤松円心墓

伊佐具神社2  伊佐具神社3
     船形の大石

『摂津名所図会』には「上坂部村にあり。『延喜式』に出づ。今、稲荷明神と称す。森村とともに産土神とす」とあります。

川辺郡式内社7社の中で唯一、皇室から鍬や靫が奉献されていた由緒ある神社。
さらに「延喜式玄蕃寮 巻21」に新羅かの客に賜う神酒を造るための稲を、大和・摂津・河内・和泉より選ばれた12社中の1社として、住吉社に送るとあります。
元弘3年6月、当社の近くに赤松円心が陣地を設けた際に、戦勝祈願をしたと伝えられる
Wikipediaより

元弘3年の元弘の乱では、播磨国の赤松円心が六波羅探題の軍勢と合戦を繰り広げました。
「播磨国太山寺衆徒等注進状」には、赤松方の播磨国太山寺(現 神戸市西区)の僧兵は、
2月21日 護良親王の命令を受ける
閏2月15日 兵庫島で合戦
閏2月23日 尼崎で合戦
閏2月24日 坂部村で合戦
3月1日 摩耶山で合戦
3月12日 京都で合戦
とあり、この地(現 上坂部)が戦場になったことがわかります。
『太平記』には、、六波羅探題に加勢する阿波国小笠原氏の軍勢が尼崎に上陸し、「久々智・酒部(坂部)」の赤松勢を攻めた事も記されています。

この坂部合戦の時、赤松円心がこの神社で戦勝祈願をしたと伝えられています。
その際、甲冑・太刀を奉納したが、掘り出されることを恐れて船形の大石で覆ったといいます。
この石は社殿の右側にあります。

また、赤松円心の墓といわれる石造五輪塔があります。
尼崎百物語より


赤松円心
鎌倉時代から南北朝時代にかけての武将、守護大名。
本姓は源氏。家系は村上源氏の流れを汲む赤松氏第4代当主。
播磨国守護。
法名の円心でも知られています。

若い頃の動向については不明です。
京都に向かう途中に禅僧の雪村友梅と出会ったという話が伝わり、長男の範資と次男の貞範が摂津長洲荘(現在の兵庫県尼崎市)の悪党の取り締まりに派遣されたことと、赤松氏の本拠地である播磨佐用庄(現在の兵庫県佐用町)の一部の領主が六波羅探題の家臣であったことから六波羅に勤務していたと推定されています。

後醍醐天皇が鎌倉幕府打倒を掲げて挙兵した元弘の乱において、元弘3年1月21日、後醍醐天皇の皇子護良親王の令旨を受けて反幕府勢力として挙兵します。
初め一族の高田氏が内通しようとしたため、兵を動かし西条山城にて交戦。
その菩提寺である了宅庵にて自害に追い込みます。
続いて六波羅探題の命を受けた備前の守護加持氏が兵を出してきたが、先発隊である伊東氏と備前三石城で戦って盟主である伊東惟群を服従させ、これを西国幕府軍の備えとして三石城に残して東上を開始しました。

この後、室山に陣を築いて諸豪族の参集を待った。
しばらくの後、白川郷・山田村小部郷・石南花山を経て、布引谷沿いに南に向かい、あらかじめ範資に築かせておいた摂津摩耶山城へ入った。
2月11日には早くも六波羅軍2万が攻め寄せてくるが、赤松軍得意の野伏り戦を展開し、これを撃退しました。

勢いを駆った円心は尼崎の久々知に陣取り、24日には酒部に進出。
3月10日に六波羅軍1万が瀬川(現在の大阪府箕面市)に布陣。
その日の夜、尼崎から上陸した四国の小笠原勢が奇襲をかけてきたが、円心は僅か50騎で敵を突破し、久々知に帰陣しました。

そこで三男則祐の進言を聞き入れ、集合した兵3,000騎を率いて敵陣に夜襲をかけ、敵を敗走させた(瀬川合戦)。
ここでまた則祐の追撃案に基づいて、12日には摂津と山城の国境山崎に侵攻。京都淀・赤井・西岡付近に放火を敢行しました。

これに対して六波羅軍は、高橋・隅田両検断に2万を預けて出陣させた。円心は、軍を二つに分けて一方を久我縄手へ差し向け、自らは桂へ進軍して桂川を挟んで六波羅軍と対峙しました。
桂川は増水してとても渡れそうになかったが、則祐が先陣を切って押し渡り、敵を蹴散らした。そのまま大宮・猪熊・堀川・油小路に放火しつつ六波羅を目指し東山に攻め込んだ。

六波羅側は危機感を覚えたのか、時の天皇光厳天皇を六波羅に迎えて六波羅を仮御所とします。
また、新手の河野・陶山をはじめ、兵を大量に投入したため、これまで破竹の進撃をしていた円心軍は総崩れとなった。
円心と則祐は急ぎ男山まで逃れ、ここで円心は自刃すると従者に告げたと言われています。
しかし思い直した円心は自分の旗印である左三つ巴の旗の上に大龍を描き、八幡菩薩のお告げとして再度京都へ攻め込むと告げます。

再起した円心は山崎と八幡に陣取り淀川と西国街道を押さえ兵糧攻めに切り替え、3月28日と4月3日に京都を攻めたが、六波羅を落とせず八幡で待機、27日に鎌倉から派遣された追討軍の大将軍名越高家・足利高氏(尊氏)の出陣を知ると迎撃に出陣、久我畷の合戦において一族で家臣の佐用城主の佐用範家が名越高家を討ち取って戦は終わりました。
この戦の後、高氏は畿内の領地である丹波篠村へ向かい、兵を集めて2万3,000騎で反幕府として挙兵した。円心も5月8日に千種忠顕や結城親光、高氏らに合流して京都を包囲、六波羅を陥落させました。
六波羅探題北条仲時・北条時益は落ち延びる途中で捕捉され自殺、関東では新田義貞・足利義詮が鎌倉を落とし、元弘の乱は終結しました。
円心は六波羅陥落後、帰洛の途についた後醍醐天皇に30日に兵庫で拝謁しています。

鎌倉幕府滅亡後の建武の新政では、恩賞に播磨守護職を与えられながら、政争に巻き込まれ没収されるなど不遇であった事が知られています。
これは朝廷内の権力争いの結果、護良親王派が三位局(阿野廉子)派に敗れた結果といわれます。
同じく護良派といわれる楠木正成も戦功に比べ不遇であり、逆に三位局派の名和長年、千種忠顕等は新政の恩賞で厚遇されたといいます。
また、共に倒幕戦争を戦った護良親王が建武元年に失脚すると円心の新政における立場は失われました。
怒った円心は佐用庄へ帰っている。

これらの不満から建武政権と決別、建武2年、足利尊氏が中先代の乱を平定する軍に範資と貞範を従軍させました。
平定後、尊氏が鎌倉で建武政権から離反して京都に進攻、翌建武3年に北畠顕家、新田義貞、楠木正成らの宮方に敗れて九州へ逃れた時も足利方に留まり、尊氏から改めて播磨守護職を授けられました。

以後は足利方として戦い、京都方面から進撃してきた義貞を総大将とする尊氏討伐軍6万騎を、播磨赤松の白旗城で迎え撃った。
円心は、則祐を配した城山城などの城郭を播磨各地に築き、市川沿いに書写山を中心とする第一防衛線、揖保川沿いにを城山城を中心とする第二防衛線、そして千種川沿いに白旗城を中心とする第三防衛線をもうけて徹底抗戦を行いました。
さらに白旗城は、地理的に北方の美作、但馬方面、西方の備前からいくらでも支援が可能という強みを持ち合わせていました。
そのため義貞率いる討伐軍は、円心以下2,000の兵が立て籠る白旗城を圧倒的な兵力を持ちながら攻めあぐね、3月から5月まで50日以上釘付けにされました。

その間、尊氏は多々良浜の戦いで菊池武敏を破り、九州を制圧。西国の武士を軒並み味方に加えながら、軍勢を海と陸の二手に分けて東上を開始した。
足利軍東上の知らせに新田軍は撤退を開始するが、士気は極端に低下し、寝返りや足利軍への投降者が続出しました。
さらに、白旗城を出てきた赤松軍の追撃も受け、総崩れとなって兵庫まで逃げ延びた。
尊氏は白旗城から撤退した新田軍に5月25日の湊川の戦いで勝利、翌年に範資が摂津守護に任命され、赤松氏は2ヶ国の守護となりました。
但し、播磨には義貞の同族に当たる金谷経氏が残って播磨丹生山で挙兵したため、円心は延元3年/暦応元年から興国3年/康永元年まで範資・則祐と共に反乱鎮圧に費やすことになりました。

尊氏及び執事の高師直と弟の足利直義が対立した観応の擾乱においては尊氏に従い、尊氏の庶子で直義の養子である、直義方の直冬を追討するために軍を編成している最中、正平5年/観応元年1月11日、京都七条にある邸宅で急死しました。
享年74。
家督と播磨守護は範資が相続したが、翌正平6年/観応2年に範資も急死したため、摂津守護は孫の光範に、家督と播磨守護は則祐に受け継がれました。

法名は法雲寺月潭円心。
墓所は京都市東区の東山建仁寺の塔頭寺院久昌院。
供養塔が兵庫県赤穂郡上郡町の金華山法雲寺(法雲昌国禅寺)にあります。
また、木像が兵庫県赤穂郡上郡町の宝林寺にあります。
Wikipediaより


赤松円心ってどなた?
どうやら鎌倉時代の人のようです。
赤松円心以外の人物名って、聞いたことのある人がたくさん出てきます。
という事は、政治の中心にいた人達と近い場所にいた人なんですね。

伝赤松円心の墓があるというので、見に行くことにしました。
鳥居をくぐって見渡しても、どこにあるのかわかりませんでした。
決して広い境内ではないのですが…。
鳥居をくぐって右を見ると、手水鉢の向うに何かある?
近寄ってみると五輪塔でした。
これですね。
写真で見てわかるように、狭い場所に忘れれられてように建っています。

これはお墓と伝わりつつも、供養碑的な意味合いが強いのかな…。

そして本殿の横に、柵があったので覗いてみると、船形の大石といわれるものでした。
ここに甲冑や太刀を埋めたんですね。
埋まっているのかな?
赤松円心の気持ちを尊重して、掘り返すなどの調査はされていないそうです。

鎌倉時代から700年以上経っているので、調査してほしいという興味もありますが、はっきりとわからないという歴史のロマンでもいいかもしれませんね。
本当に思わぬ場所にいろいろな歴史がありますね。

しかし鎌倉時代は本当にわからないわ~。
幕末は好きで話もよく聞くし、世間的には戦国が人気№1で見聞きするのである程度はわかっても、鎌倉時代はあまり聞かないです。
南北朝時代は歴史の教科書で見たぐらいしかわかりません。
でも、この歴史があってこその今の日本なんですよね。












関連記事
Comment

管理者のみに表示